日経テクノロジーオンライン

日経ものづくり2007年2月号

田野倉 力
2007/01/28 18:19
 
日経ものづくり2月号表紙
年間購読のお申し込み
日経ものづくり バックナンバー
日経ものづくりとは
日経ものづくり2月号目次
特集
ものづくりインタビュー
直言
万華鏡
詳報
中国的低価格部品選定指南
アイデアコーナー
ものづくリサーチ
特報
なるほどtheメソッド
トヨタ生産方式の真髄と新展開
開発の鉄人 ものづくりを語る
ドキュメント
事故は語る
材料力学マンダラ
設計者のための解析入門
キラリ輝く中小企業
新製品
テックオンランキング
読者の声・次号予告
カレンダー
日経ものづくりの年間購読お申し込み
最新号・バックナンバーを一冊だけ買う
メール配信登録
読者インフォメーション
  • 海外でも国内と同一料金で
  • 送本先の変更
  • 未着・乱丁・落丁
  • Q&A
  • Tech-On!書店
  • Tech-On!セミナー



  • 私が考えるものづくり
    猿渡 辰彦
    TOTO 取締役専務執行役員
    研究所のモチベーションは
    第一線との交流で向上する


    高級ブランドで攻めつつも
    中価格品を放棄するな


    成型・加工技術の奥深さ
    日本の底力が集結
    ほか



    - 車の燃費を現行規制比3割向上 2015年度目標に新規制が固まる
    - 松下電池工業,異常発熱しない2次電池 セラミックス製セパレータで電極を絶縁
    - テクファ・ジャパン,外径1.5mmの超小型遊星歯車減速機
    - 松下電器が「モノづくり本部」を設置へ 全社の開発からサービスまでを統括
    - シャープ,団塊/団塊ジュニアを狙い 「極・楽・備」「軽・薄・探・省」を追求
    - 3次元モデル主体の開発プロセス目指し,自動車業界がガイドラインを発行


    第14回 シリコーン部品でモータが停止
    材料は利用ノウハウが不可欠


    引き戸の開閉アシスト装置 【アイスリー】
    損失が少ない風向き調整機構 【シャープ】


    今月の調査テーマ:部品の中国調達

    品質の壁の先に3割のコスト削減

    部品を中国市場で調達することは,コスト競争力の向上に大きく貢献する。回答者の大多数が部品の中国調達を既に経験しており,その半数が今後さらに増やす考えだ。トラブルが多いのも事実だが,検査の充実で十分乗り越えられる。部品の中国調達に対する日本メーカーの期待の大きさが分かる。


    設計者が使うCAE
    オーダーメードで専用化

    操作性とレスポンスを高め現場に定着
    依然として設計者のCAE活用に四苦八苦している企業は多い。そんな中,特定の設計用途に特化した分かりやすい解析システムを構築して現場での利用を促す企業が増えてきた。近年では,特化型の専用システムを構築するためのパッケージが増え,導入気運も高まっている。最新のシステム構築用ツールとともに,ユーザーの活用事例からその効果を探る。



    欧州のコア,ベルギーで
    “反成果主義”工場

    カネではなく敬意で応える
    欧州有数の工業国であるベルギー。この国に工場を構えるメーカーが,競争力の飛躍に向けて走り始めた。原動力は,従業員が仕事に前向きに取り組むモチベーション(意欲)。だが,このモチベーションは給料の多寡では決して高まらないとベルギーメーカーは考える。では,何が必要か。Volvo Europa Truck社,Caterpillar Belgium社,Honda Europe社,Unilever Lipton Tea Brussels社の4メーカーに「欧州企業価値視察団」を派遣した日本プラントメンテナンス協会が,その「回答」を見いだした。(中村 努=日本プラントメンテナンス協会国際部次長,近岡 裕=本誌)




    業務改革/改善のためのABC
    第3回

    実調査で役立つ五つの視点
    結果の妥当性検証で信頼度向上


    第14回
    見える化による品質改善活動

    第32回 隠し球か見せ球か,いや魅せ球か

    サッカーのワールドカップで
    話題になった試合球「+チームガイスト」。
    アディダスのブランドだが,
    モルテンという広島のメーカーが生産している。
    共に開発し,試合球は全数供給する。
    モルテンは構造,製法を提案する力を持つ。
    ボールという得意技術があれば,共通技術,類似技術はある。
    自動車部品から瓦,桟橋まで展開できる。

    レクサスLSの開発 第4回

    1/100に懸けろ

    レクサスLSにふさわしいエンジンに求められる高い静粛性。電気モータで駆動する可変バルブタイミング機構「VVT-iE」の実用化では,この音の問題が最も大きな障壁となって立ちふさがった。従来の油圧駆動へ戻すという最悪の事態も覚悟した中,試行錯誤の末にたどり着いたのが,音が目立ちやすいアイドリング時において使用する減速比を調整することだった。これよりさかのぼることおよそ1年半。新型エンジンの性能を最大限に引き出す自動変速機(AT)の開発部隊では,「乗用車史上,初の8AT」という大きな大きな開発目標が掲げられることになった。


    工場の安全の死角
    お粗末な「簡易リフト」

    ブリヂストンに見る安全対策の極意
    工場内で荷を上に下に運ぶ「簡易リフト」。工場には大抵あるこの設備で,毎年何人もの死者が出ている。これほどリスクが高いのに,チェックは甘い。法律に違反する構造はざら。法律で決められた点検も守られていない様子だ。このまま放っておけば,悲惨な事故は繰り返されるばかり。直ちに,簡易リフトの安全性を高める必要がある。ブリヂストンが,その極意を明かしてくれた。



    第26回 管フランジ締結体の漏洩を防ぐ

    ●ガスケットの接触応力の分布をより一様に設計すべし
    ●特に金属製は縦弾性係数を小さく,厚さを十分に
    ●呼び径が8インチ以上の大口径管フランジにはご用心

    第13回 熱流体解析編(3)

    熱と流れを個別に計算
    手順の工夫で計算時間を短縮

    熱流体解析には時間がかかる。しかし,少し工夫することで計算時間の短縮が可能となる。通常は同時に解く熱と流れを個別に計算するのだ。今回はその考え方と,計算手順の使い分け方について解説してもらう。(本誌)

    協成

    金属フォトエッチング加工専業。OA機器や光学,通信機器用機構部品などの極薄板加工を得意とする。試作から量産まで対応し,毎月200件以上の受注加工をこなす。2002年にタイに量産工場を建設。溶接,めっき,曲げ,プレス加工などの2次加工技術も強化中。

    東海合金工業

    超硬合金素材の開発から精密部品加工までを手掛ける。主力商品は,自動車や電子部品メーカー向けの超硬およびスチール製の精密プレス金型部品と,工具/刃物メーカー向けの焼結ドリル素材。ほかにも,スプレーノズルの設計を行う。3工場で分業体制を敷く。

    新製品

    DCモータ制御ユニット「EPOS P」  など

    Tech-On!ランキング

    読者の声・次号予告

    カレンダー

    記事一覧

    マイページ

    マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

    マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

    協力メディア&
    関連サイト

    • 日経エレクトロニクス
    • 日経ものづくり
    • 日経Automotive
    • 日経デジタルヘルス
    • メガソーラービジネス
    • 明日をつむぐテクノロジー
    • 新・公民連携最前線
    • 技術者塾

    Follow Us

    • Facebook
    • Twitter
    • RSS

    お薦めトピック

    日経テクノロジーオンラインSpecial

    記事ランキング