• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント > 「開発の鉄人」多喜義彦の現場をゆく

「開発の鉄人」多喜義彦の現場をゆく

 どのような商品がヒットするのか? 顧客と一緒になって新商品の開発を考えるコンサルタント・多喜義彦氏は,「開発の鉄人」との異名を持つ。現在40数社の顧問を務める多喜氏は,これまで多くのヒット商品を世の中に送り出し,そして多くの顧客と幸せを分かちあってきた。

 その秘訣は? 「人と違うものを作れ」「ナンバーワンではなくオンリーワン」なんて誰でも言えるフレーズ。アドバイスにもならない。具体的に,どうやって人と違うことをするのか。多喜氏が指導してきた企業には共通項がある。「執念深く開発する」「客にこびない」そして「時には力を抜く」――。この三つを守ると,かなりの確率で成功する。

 この三つを実践し,そしてヒット商品を生み出してきた成功事例を紹介する。成功事例が分かれば,前向きに,そして楽しくものづくりができるのではないか。次の成功体験を得られるのは,ひょっとしてあなたかもしれない。

過去の好評コラム
「開発の鉄人」多喜義彦の楽しいものづくり


「開発の鉄人」こと多喜義彦
1951年生まれ。1988年システム・インテグレーション設立,代表取締役に。現在40数社の顧問,NPO日本知的財産戦略協議会理事長,宇宙航空研究開発機構知財アドバイザー,日本特許情報機構理事,金沢大学や九州工業大学の客員教授などを務める。

おすすめ