技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

キクタマのメモリ市場分析 VI ~目次~

2008/02/27 10:59
印刷用ページ

 短期集中連載「キクタマのメモリ市場分析」の第6弾。パソコンや携帯電話機など電子機器の動向からメモリ需要,メモリ・メーカーの投資動向まで,2008年のメモリ市場を見通す。

◆著者紹介◆
筆者は,日経マーケット・アクセス編集記者のキクタマこと菊池珠夫(きくちたまお)。野村総合研究所を経て,1996年に日経BP社 日経マーケット・アクセス編集へ。現在は,日経BPコンサルティング 日経マーケット・アクセス編集に所属。日経マーケット・アクセスで半導体やその応用機器市場の分析記事を執筆し,とうとう12年目に突入。

◆目次◆
第1回:2008年の電子機器市場
サブプライム問題もなんのその,エレクトロニクス・メーカー増収増益

第2回:2008年のNAND型フラッシュ市場
iPodに代わり携帯電話機に期待

第3回:2008年のDRAM市場
第2四半期まで赤字が続く

第4回:2008年の半導体設備投資
東芝グループとSamsungで世界の4割

第5回:SSDの市場動向
MLCでパソコン向けが本格化

第6回:メモリ・メーカーの動向
6月大増産の次世代iPhoneがシェア争いの鍵を握る

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング