設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

【設計・生産とIT】ウルトラマンギンガ、怪獣のソフビと武器が赤外線で連動

木崎 健太郎=日経ものづくり
2014/02/14 00:00
印刷用ページ

 日経テクノロジーオンライン(Tech-On!)のテーマサイト「設計・生産とIT」で、この1カ月間(1月16日~2月12日)によく読まれた記事に、ウルトラマンギンガの記事が2本入りました。この2本、つまり3位の「通信機能がないのにコンテンツが増える」と10位の「ウルトラマン関連グッズ利益最大化のからくり」は、「日経ものづくり」誌1月号に掲載した記事と、その関連記事です。赤外線で連動する怪獣と武器のおもちゃの企画について取り上げています。

 ウルトラマン関連グッズは、既存のコンテンツの蓄積があるため、「新登場する怪獣の分は新たにデザインを起こす必要があるが、それ以外は過去の資産を再利用」することでコストを大きく削減できる、と著者の美崎栄一郎氏が分析。そういえば「仮面ライダー」でも、名前からして過去10年(decade)のシリーズを再利用する意図が明確だった「仮面ライダーディケイド」(2009年)がありました。このような既存コンテンツの活用はテレビ番組だけではなく、さまざまなメーカーが参考にするべきではないか、と美崎氏は説いています。

 さらに、よく読まれた記事のランキング上位で目立つのは、キーワードを解説する記事。「幾何公差の基本を理解する」(6位)、「製造業を取り巻く課題とDITAの意義」(7位)、「Industrial Internet」(8位)、「DITAの基本的な特徴と制作方式」(9位)、「1Dシミュレーション」(11位)、「Industry 4.0」(14位)と続きます。前月に続いて「ななつ星in九州」のデザイナー、水戸岡鋭治氏へのインタビューも良く読まれました。

 このように、連載記事や解説記事がよく読まれる中で、4位に「新日鉄住金の名古屋製鉄所の停電---トヨタ、ホンダへの影響は」のニュースが入りました。自動車向けの鋼板を生産している同製鉄所が停電で操業を停止し、その影響が自動車メーカーに生じるのではないかとの問題意識で同日中に執筆した記事です。自動車関連のサプライチェーンの影響の大きさを物語っていると言えましょう。

 ニュースでもう1つよく読まれたのが「三菱重工の展示施設、3Dプリンターを使って設計体験ができる新プログラム導入」。相変わらず3Dプリンターは大きな注目を集めています。

【技術者塾】(9/14開催)
「エスノグラフィック・インタビュー」(行動観察実践編)

~潜在ニーズを見つけてヒット商品を生む~


ヒット商品づくりに必要な「潜在的な(未来の)ニーズ」を発見する方法を学びます。人間中心設計(HCD)と「エスノグラフィック・インタビュー」の概要を理解した後、演習を実施。観察やインタビューから新しいユーザー価値を見いだすまでの過程を体験的に学べるブログラムです。 詳細は、こちら
日時:2015年9月14日(月)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング