• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 【特別企画】歴代家庭用ゲーム機を軒並み分解――TGS2008「ゲーム科学博物館」より

【特別企画】歴代家庭用ゲーム機を軒並み分解――TGS2008「ゲーム科学博物館」より

  • 山田 剛良=日経エレクトロニクス
  • 2008/10/09 19:00
  • 1/11ページ

(画像のクリックで拡大)

   日経エレクトロニクスは,東京ゲームショウ2008(TGS2008)の主催者展示「ゲーム科学博物館」の「日経エレクトロニクスゾーン」にて,ゲーム機の技術を紹介している(PDFの発表資料)。


(画像のクリックで拡大)

 日経エレクトロニクスのTGS展示は今年で2回目。今回は,今日の家庭用ゲーム機の元祖になった「ファミリーコンピュータ」から,最新の「Wii」「プレイステーション3」「Xbox360」まで,全部で10機種を分解してその内部の構造を明らかにするほか,Wiiリモコンの技術を解き明かす「加速度センサーの仕組み」と「赤外線センサーのバーチャル・リアリティ」の実演も行っている。

 展示は,子供から大人まで幅広い来場者に楽しんでもらえるように工夫した。このページでは今回分解したゲーム機全10機種の見どころを解説する。会場で展示の現物と見比べて楽しんでいただきたい。

 任天堂編

 ソニー・コンピュータエンターテインメント編

 Microsoft編
【技術者塾】(7/15開催)
ディスプレーに革新をもたらす「量子ドット」の最新動向


ディスプレーへの応用で注目を集める量子ドット(QD)。QDビジネスに関わる各社の技術の内容や事業戦略、そして、ディスプレーが目指す新たな色の世界と産業の方向について、最新の情報を詳細に解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月15日
会場 : Learning Square新橋 6F(東京・新橋)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓