• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント > 「JEITAの意見は正しくありません」,権利者団体がBlu-ray課金でJEITA意見を批判【リンク集付き】

「JEITAの意見は正しくありません」,権利者団体がBlu-ray課金でJEITA意見を批判【リンク集付き】

  • 山田 剛良=日経エレクトロニクス
  • 2009/02/24 15:15
  • 1/1ページ

 テレビ番組や映画,音楽などのコンテンツの著作権に関連する91の権利者団体で構成する「デジタル私的録画問題に関する権利者会議」は2009年2月24日,「『著作権法施行令の一部を改正する政令案』に対する意見」を公表した(プレスリリースPDF形式の意見)。

 今回の意見は,文化庁が2009年2月2日に公表したBlu-ray Disc録画機とその媒体を私的録画補償金の対象機器とするいわゆる「Blu-ray課金」を骨子とした著作権法施行令の改正案に関するもの。同会議は今回,家電メーカーらの業界団体である電子情報技術産業協会(JEITA)が,文化庁の改正案に対して2月13日に公表した意見の内容を「JEITAの意見は正しくありません」「読む者に誤った認識を与え、混乱を招く」などと強く批判し,政令改正が文化庁の原案通り施行されるべき,という同会議のこれまでの主張を繰り返している。

 JEITAは2月13日に公表した意見は,文化庁の意見募集に応じて提出した改正案への意見をWebサイト上で公表したもの。この中でJEITAは,
 1. 無料デジタル放送の録画を補償金の対象から明確に外す
 2. Blu-ray課金を暫定的な措置とするための失効規定などの追加
 3. Blu-ray Discの技術的定義として「レーザーの波長405nmとレンズ開口数0.85」という条件の追加
の三つを政令改正に盛り込むことを主張している。

 これに対して権利者会議は今回の意見で,現行の補償金制度において「録画の元となるのがアナログ放送であるかデジタル放送であるかは制度上全く関係がない」上に,Blu-ray課金の実施合意が,「デジタル放送を念頭に行われたものであることも明らか」であると主張している。

 ただしこうした主張は,文化庁の改正案公表後すぐの2月5日に権利者会議が開いた記者会見の席上で,既に述べられていた。

▼Tech-On!関連記事
2008年
6月17日:Blu-ray Discレコーダーを録画補償金の対象に,ダビング10問題の打開に向け経産省と文化庁が合意
2009年
2月4日:文化庁,「Blu-ray課金」を盛り込んだ著作権法施行令改正案への意見募集を実施
2月5日:Blu-ray課金は「Blu-ray課金は「現行制度の枠内で当然行われるべきこと」,権利者会議が会見
2月13日:「デジタル放送の録画は対象外」「失効規定などを追加すべき」――。JEITAがBD課金に対する意見を公表
2月24日:決裂必至のBlu-ray課金,地デジ録画巡る対立が表面化

【技術者塾】(8/24開催)
車載用樹脂製品のための樹脂材料の勘所


自動車部品に多く使われる樹脂材料を採り上げ、その基礎知識だけでなく、演習を通じて実務に役立つ実践力の習得を狙います。事例には、多くの自動車部品を採り上げて理解を深めます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 8月24日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓