技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

Blu-ray Discレコーダーを録画補償金の対象に,ダビング10問題の打開に向け経産省と文化庁が合意

山田 剛良=日経エレクトロニクス
2008/06/17 12:42
印刷用ページ

 経済産業省と文化庁はBlu-ray Discレコーダーを私的録音録画補償金制度の対象機器に加えることで合意した。2008年6月17日の閣議後に行われた定例記者会見で,経済産業大臣の甘利明氏と文部科学大臣の渡海紀三朗氏がそれぞれ明らかにした。

 文化庁長官官房著作権課は今回の決定について,「ダビング10実施のための環境作りの一環として現行法の枠内で行った。私的録音録画補償金制度の抜本的な改正については,(文化審議会傘下の)『私的録音録画小委員会(録録小委)』で引き続き議論する」と説明する。現行の著作権法では,補償金制度の対象機器の指定は政令によって行われるため,閣議決定によって実施できる。

 「ダビング10」は,地デジ対応録画機に対する新しい著作権保護ルールである。総務省 情報通信審議会傘下の「デジタル・コンテンツの流通の促進等に関する検討委員会(デジコン委)」が2007年8月に公表したいわゆる「第4次中間答申」で,現行のルール「コピーワンス」を緩和する目的で導入が決まった。2008年6月2日からの運用開始を予定していたが,デジコン委で実施を合意できなかったため,運用開始は現在,延期されており,開始のめどが立っていない状況にある。

 ダビング10の実施が合意できなかったのは,第4次中間答申に示された「クリエーターが適正な対価を得られる環境の実現」を巡って,ダビング10対応機器への私的録音録画補償金制度の適用を求める権利者と,それに反対する家電メーカーが対立したためである。今回の経産省と文化庁の決定は,現行法の枠内で「クリエーターが適正な対価を得られる環境の実現」を満たす条件を整える目的があると見られる。

 家電メーカーの業界団体である電子情報技術産業協会(JEITA)は,今回の決定について「関係省庁間の調整に感謝する。引き続きダビング10の早期実施に向け努力したい」(JEITA広報)とする。

 一方,デジコン委や録録小委で権利者側の委員を務める実演家著作隣接権センター(CPRA)の椎名和夫氏は本誌の取材に対し,「今回の措置がデジタル放送に着目したものか明らかでなく,今後,補償金制度の枠組みがどうなるか明確でない。本来,Blu-ray Discレコーダーはとうの昔に録画補償金の対象になってしかるべき機器」とし,今回の決定がダビング10実施に直接つながる可能性を否定する見解を示した。

この記事を英語で読む

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング