• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 決裂必至のBlu-ray課金,地デジ録画巡る対立が表面化

決裂必至のBlu-ray課金,地デジ録画巡る対立が表面化

補償金存続を狙う権利者側は法廷闘争も辞さず

  • 山田 剛良=日経エレクトロニクス
  • 2009/02/24 12:43
  • 1/1ページ

 「4月1日の施行は,まず不可能でしょう」と,ある関係者は「Blu-ray課金」の行方を予想する。

 文化庁は2009年2月2日に,Blu-ray Disc録画機とその媒体を私的録画補償金制度の対象に加える「Bluray課金」のための著作権法施行令の改正案を公表した。同年3月4日までのパブリック・コメント募集と省庁間の調整を経て,文化庁は4月1日の施行をもくろむが,先行きには暗雲が漂う。地デジ録画機器に向けた録画ルール「ダビング10」の実施を巡って表面化した権利者と機器メーカーの対立が,再びあらわになったからだ(図1)。


図1 「Blu-ray課金」に関する主な対立点 Blu-ray Disc録画機器を私的録画補償金の対象機器にするという大臣合意は,「ダビング10」の実施が暗礁に乗り上げていた2008年6月17日に文部科学大臣と経済産業大臣の合意という形で突如,行われた。その施行のため,文化庁と経済産業省は水面下で調整を続けてきたが,内包されていた対立点を解決できず,文化庁が強行する形で2009年2月2日に政令改正案が提示された。現在,パブリック・コメントを募集している。 (画像のクリックで拡大)

見切り発車された改正案

 Blu-ray課金はもともと当時の経済産業大臣と文部科学大臣の「大臣合意」で,2008年6月17日に突如として浮上した政策である。当時暗礁に乗り上げていたダビング10の実施に向けた措置と説明された。背景には,地デジ録画機器への補償金制度の適用を主張した権利者側と,これに真っ向から反対した機器メーカーの対立があった。

 ダビング10が2008年7月4日に実施されたことで,この対立はいったん表舞台から消えた。しかし「Blu-ray課金の実施」を巡り,交渉は水面下で続いていた。文化庁は,「7カ月間,経済産業省と必死に調整を続けてきたが,折り合えない部分が残った。年度内に実施を決めるには,このタイミングがギリギリ」(同庁 長官官房著作権課 著作物流通室長の川瀬真氏)と,政令改正案の見切り発車を認める。

 機器メーカーの業界団体である電子情報技術産業協会(JEITA)は2009年2月13日,文化庁に提出した意見書をWebサイト上に公表し,「(地デジなど)無料デジタル放送の録画は,現行DVD機器も含めて補償金の対象から外すべき」などと主張した。既に登場しているデジタル放送専用の録画機器を対象から外し,ひいては将来的な補償金制度の廃止につなげる狙いがある。だが文化庁は,こうした機器メーカーの主張自体が法的に無理があるとする。「主張を受け入れるには著作権法自体の改定が必要。下位に当たる政令改正で,現行法の規定は無効化できない」(川瀬氏)。

 権利者側は,補償金制度を巡る議論の場を法廷に移す構えだ。2009年2月5日に権利者団体が開いた会見の席で,実演家著作隣接権センターの椎名和夫氏は「補償金制度への協力義務を果たさないメーカーには法的措置も辞さない」と述べた。Blu-ray課金問題の行方は,補償金制度自体が存続するか否かを,今後決める可能性が高い。

(本記事は『日経エレクトロニクス』,2009年2月23日号,p.11から転載しました。内容は執筆時の情報に基づいており,現在では異なる場合があります)
【技術者塾】(5/17開催)
キャパシタ応用を広げるための基礎と活用のための周辺技術


省エネルギー社会に則した機器を、キャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月17日
会場 : BIZ新宿
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ