家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【最新ケータイ解剖図鑑】高解像度写真で見る携帯電話機の中身

日経エレクトロニクス分解班
2008/04/18 00:00
印刷用ページ

 日経エレクトロニクス分解班は,フォーマルハウト・テクノ・ソリューションズ(東京都江東区)と協力して,携帯電話機の最新機種を毎月分解していきます。最先端の技術をいち早く取り入れる日本市場向け端末を,ハードウエアの設計の観点から定点観測する試みです。

 ワンセグ放送受信機能が当たり前の今,国内向け携帯電話機の多くは,これまで想定されてきた多くの機能を余すところなく実現した「全部入り」端末になっています。その中で各社が打ち出す新機軸を,端末の細部にまで踏み込んで浮き彫りにする計画です。一方で,海外市場でも売れる端末を実現するには,低コスト化や部品の共通化が欠かせません。その点からも,日本の携帯電話機は今後大きな変貌を遂げる可能性があります。変革期にある日本のケータイの設計を,雑誌の誌面では紹介が難しい高倍率の画像で活写していきます。

 本連載で取り上げた機種

 分解班が手掛けたケータイ記事

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング