家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【最新ケータイ解剖図鑑】インターネットマシンの内部構造を明かす

日経エレクトロニクス分解班
2008/05/01 17:00
印刷用ページ

  QWERTY配列のキーボードを備え,3.5型の横長液晶画面で,パソコン向けのWebサイトを快適に利用できる――ソフトバンクモバイルが2008年3月に発売した「インターネットマシン SoftBank 922SH」の売り物を一言で表せばこうなる。「インターネットマシン」との名の通り,Webサイトの閲覧やインターネット上のサービスの活用を第一に考えた端末である。本記事では,この端末を分解して判明したハードウエアの内部構造を紹介する。

 分解の結果明らかになったのは,この端末と同様にシャープが開発した「FULLFACE2 SoftBank 921SH」などと共通の部品が非常に多いことである。921SH自体,他のシャープ製端末と同じ部品を多数使っており,共通化によって部品コストの低減を図っていることがうかがえる。それでも,インターネットマシンの販売価格は,新規契約時の一括払いで10万円弱と高い。価格を押し上げている一因は,部品点数の多さとみられる。

 921SHとの違いの一つは,センサの部分である。インターネットマシンでは,端末を閉じた状態で電話の機能を利用可能にするために,「センサーキー」と呼ぶ仕組みを取り入れた。タッチセンサを用いて,筐体の一部を押すとボタンの代わりになる。921SHもタッチセンサを利用しているが,インターネットマシンにはない「なぞる」操作がある上,角速度センサを用いた「振る」操作も盛り込んでいる。

 インターネットマシンと921SHを比べて浮き上がるのは,アプリケーション・プロセサや通信用LSIといった基本的なハードウエアは共通にしておき,キーボードや画面,センサなどを変えて,ユーザー・インタフェースに特徴を出した製品をつくる姿勢である。携帯型のインターネット端末ではユーザー・インタフェースで特徴を出すことが多く,こうした設計思想は合理的といえそうだ。

 次ページ以降で,メイン基板の詳細,液晶パネル側の筐体にあるセンサ部,メイン・カメラ側の筐体にあるアンテナのそれぞれを紹介する。今回の調査でも,フォーマルハウト・テクノ・ソリューションズ(東京都江東区)の協力を得た(関連記事123)。

液晶パネル側 キーパッドの回路部分とメイン基板 メイン・カメラ側の筐体

赤枠で囲った写真をクリックすると,詳しい説明のページに移動します。本記事の写真は,すべてフォーマルハウト・テクノ・ソリューションズが撮影しました。

製品名 インターネットマシン SoftBank 922SH
メーカー シャープ
外形寸法 約56×116×17mm(折りたたみ時,突起部除く)
質量 約132g
連続待受時間 約340時間(静止状態,折りたたみ時,W-CDMA網),約310時間(静止状態,折りたたみ時,GSM網)
連続通話時間 約250分(W-CDMA網),約270分(GSM網)
ディスプレイ 3.5型(480×854画素)
メモリ・カード microSDメモリーカード,microSDHCメモリーカード
カメラ 有効画素数200万(メイン),有効画素数11万(サブ)
電池 3.7V,820mAh

この記事を英語で読む

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング