クルマ 自動車の最新技術を追う
 

DSSS(安全運転支援システム)とは

ディートリプルエス

2007/11/08 09:30
印刷用ページ
driving safety support systems

 一般道を管理する警察庁が中心となって進める「安全運転支援システム(DSSS:driving safety support systems)」というプロジェクトのこと。自動車とインフラで通信を行う路車間通信などにより,交通事故の削減を目指す。2006年度から3年計画で検証を開始している。

 DSSSの検証は,警察庁の外郭団体となる新交通管理システム(UTMS)協会が主体となって神奈川県,愛知県,宇都宮市,広島県の4カ所で実施している。それぞれ中心となる自動車メーカーは,日産自動車,トヨタ自動車,ホンダ,マツダである。神奈川県では2006年11月,愛知県では2006年12月,宇都宮市では2007年11月,広島県では2007年12月に実施する。

 DSSSの通信メディアは主に,赤外線を利用する双方向通信が可能な光ビーコンを使う。渋滞情報提供サービス「VICS」の情報を送信したりする光ビーコンはインフラの整備が進んでいるためだ。通信距離が3.5m程度と短いため,車線ごとの個別の情報を提供することが可能となる。

 DSSSと同様に,自動車とインフラを連携する安全運転システムとして,国土交通省が中心となって進める「スマートウェイ」がある。主に高速道路や有料道路が対象となる。通信メディアとして電波ビーコンETCに用いる5.8GHz帯のDSRCを使う。DSRCは最大通信距離200mで双方向通信が可能。2007年10月には,国交省が中心となって,首都高速道路でDSRCを利用した路車間通信を行う「スマートウェイ2007」と題したデモンストレーションを披露した。

 DSSSでも,DSRCの利用を検討しているという。緊急性の高い情報配信の効果を高めるには,車両を感知するセンサの精度向上や,通信技術の追加が必要になるためだ。現状のセンサは二輪車といった小さな車両を撮影しにくい。見通しの悪い交差点で,よりリアルに死角の情報を与えようとすると実画像を撮影・配信する必要があり,しかも複数台に一括して提供することも必須になる。こうなると,データ伝送速度と最大通信距離の点から光ビーコンでは力不足になる可能性が高く,DSRCといった高速な通信メディアが必要になってくる。

 ホンダが中心となる宇都宮市の検証では,光ビーコンとDSRCを連携することで二輪車に配慮した安全運転システムを披露した(Tech-On!関連記事)。


警察庁が中心となって進めるDSSSの概要 (画像のクリックで拡大)
【日経Automotiveセミナー】
 escar Asia 2015
  ~クルマのハッキング対策、世界の最前線~


今後、クルマにハッキング対策は必須だ。リコールに至るなど実害が出始めた。いま、日米欧でECU(電子制御ユニット)のセキュリティーを高めるためのプロジェクトが動いている。escar Asia 2015は、世界の第一線級のセキュリティー技術者が集って最新の情報を披露し、議論する。総務省、JASPAR、欧州メーカーなどが一堂に集まり、今後の展望を語る。詳細はこちら
車載ネットワークの最新動向を解説する「激変!車載ネットワーク」も同時開催。詳細はこちら

日時:2015年9月7日(月)~8日(火) 10:00~17:05
会場:目黒雅叙園(東京・目黒)
主催:日経Automotive
日経BP主催のお薦めセミナー
スキルアップしたい方は必見!
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング