COLLEGE 製造業の“本当”を探求
 

アレニウスの法則とは

アレニウスノホウソク

2006/06/29 09:30
印刷用ページ

 化学反応速度の温度依存性を予測する。部品の経年劣化の主因が温度である場合,部品の寿命τはアレニウスの式「τ=A・exp(Ea/kT)」(A,Ea:故障モードごとに固有の定数,T:絶対温度,k:ボルツマン定数)で近似できる。加速試験を行ったり,部品の寿命を推定したりする際に利用する。

 一般には,使用環境の温度が10℃下がると寿命は2倍に伸びるという「10℃2倍則」として寿命を算出するのに使われることが多い。例えば,Al電解コンデンサの場合,「105℃2000時間」といった寿命が公表されている。95℃であれば寿命は4000時間,85℃であれば8000時間,75℃であれば1万6000時間,65℃であれば3万2000時間となる。

図 一般的なAl電解コンデンサの寿命を,アレニウスの法則(10℃2倍速)によって推定した例
図 一般的なAl電解コンデンサの寿命を,アレニウスの法則(10℃2倍速)によって推定した例

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング