• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器NE用語 > HD DVD

NE用語

HD DVD

エッチディーディーブイディー

  • 2006/04/03 09:30
  • 1/1ページ

 DVDの次世代を担う光ディスクの規格の1つ。元々は「AOD(Advanced Optical Disk)」という開発コード名で呼ばれてきた。

 HD DVDの最大の特徴は,現行DVDのディスク構造を踏襲したこと。具体的には,DVDと同じ「0.6mm基板張り合わせ方式」を採用する。厚さ0.6mmの基板を2枚張り合わせたディスクを,開口数(NA:numerical aperture)が0.65の対物レンズを使って記録再生する。

 このことから,HD DVD機器はDVDとの再生互換性の確保が容易であるほか,ディスクの製造にかかるコストを抑えられるといった利点がある。大容量化を重視してディスク構造に「0.1mmカバー層方式」を採用したBlu-ray Discとは対照的である。HD DVDは,0.1mmカバー層方式と比べ記録密度を上げにくい欠点を補うため,信号処理にPRML(partial response maximum likelihood)方式を採用している。

 再生専用媒体規格として「HD DVD-ROM」,書き換え可能な媒体規格「HD DVD-RW」「HD DVD-RAM」,追記型媒体規格「HD DVD-R」を用意する。HD DVD-ROM,HD DVD-RW,HD DVD-Rの容量は単層で15Gバイト,2層で30Gバイト。HD DVD-RAMの容量は単層で20Gバイト,2層で32Gバイトである。ただし,記録可能な媒体はいずれも規格化作業が終了していない。今後,HD DVD-R,HD DVD-RW,HD DVD-RAMの順に規格化が進む見通しである。

 さらに,DVDとHD DVDの両フォーマットに対応した再生専用媒体規格として,片面ディスクに1層のHD DVD(15Gバイト)と1層のDVD(4.7Gバイト)を載せた「ツインフォーマットディスク」を用意するほか,両面ディスクに2層のHD DVD(30Gバイト)と2層のDVD(8.5Gバイト)を載せた「コンビネーションディスク」を開発中である。

 著作権保護方式は「AACS」,対話型機能には「iHD」を採用する。映像符号化方式はMPEG-4 AVC(H.264)/VC-1/MPEG-2に対応する。

Blu-ray DiscとHD DVD 日経エレクトロニクスにみる関連記事
  • ネットが育てるデジタル家電(2006年1月30日号のLeading Trends)
  • 次世代DVDのD端子問題 HDTV出力は2011年まで(2006年1月2日号のWhat's New)
  • 次世代光ディスク 規格統一交渉が始まるも 特許ライセンスに不安材料(2005年5月9日号のLeading Trends)
  • ハリウッドの介入は 規格統一のラストチャンス(2004年12月20日号のWhat's New)
  • 次世代光ディスク 大統一へ(2004年9月27日号のCover Satory)
  • 【技術者塾】
    「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


    コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
    日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
    会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
    主催:日経エレクトロニクス

    おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓