• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > VLSI Symposium 2010

心電図から脳神経信号まで,さまざまな生体信号を取得するバイオ・センサが登場

 「2010 Symposium on VLSI Circuits」(2010年6月16~18日,米国ハワイ州ホノルルで開催)のセッション21「Biosensors」では,多様なバイオ・センサ技術が発表された。ECG(心電図)を効率よく検出するための…(記事を読む06/22 13:06

最新の高速プロセサ向けのクロック技術やコア間データ転送技術が集結

 「2010 Symposium on VLSI Circuits」(2010年6月16~18日,米国ハワイ州ホノルルで開催)のSession 8「High speed on-die network processor clocking」では,プロセ…(記事を読む06/21 20:33

A-D変換器のデジタル補正技術に興味深い提案,10GHz超のタイム・インターリーブA-D変換器や新型VCO-ΔΣA-D変換器に注目集まる

 「2010 Symposium on VLSI Circuits」のセッション15「High-Resolution and High Speed Data Converters」では,5件の注目すべき発表があった。オランダEindhoven Uni…(記事を読む06/21 20:01

SoC向けSRAMの低電圧化,多様な用途に合わせた技術適用が重要に

 SoC(system on a chip)に搭載されるSRAMの低電圧化を実現する各種のセル技術や制御技術が「2010 Symposium on VLSI Circuits」(2010年6月16~18日,米国ハワイ州ホノルルで開催)のSession…(記事を読む06/21 19:45

ADCの高性能・低電力が進展,10ビット・100Mサンプル/秒クラスで数mW

 A-D変換器(ADC)の高性能化と低電力化を両立させる技術開発が進んでいる。「2010 Symposium on VLSI Circuits」(2010年6月16~18日,米国ハワイ州ホノルルで開催)のSession23「Low-Powe…(記事を読む06/21 16:05

32nm以降の微細化を阻む,RTNの解析が進む

 LSIの微細化を妨げる要因として,近年,MOSトランジスタのしきい値電圧におけるランダム・テレグラフ・ノイズ(RTN)が注目を集めている。「2010 Symposium on VLSI technology」(2010年6月15~17日,米国ハワイ…(記事を読む06/21 15:22

無線通信ICの超低電力化や低コスト化を目指し,250mV電源チップなどが登場

 無線トランシーバICの低消費電力化や低コスト化を目指す様々な技術が,「2010 Symposium on VLSI Circuits」(2010年6月16~18日,米国ハワイ州ホノルルで開催)のSession 13「RF Circuits and …(記事を読む06/21 13:57

大容量品や混載を狙うReRAM,集積化を目指す多様な提案が相次ぐ

 「2010 Symposium on VLSI Technology」(2010年6月15~17日,米国ハワイ州ホノルルで開催)のSession8「RRAM」では,さまざまな材料や構造を用いたReRAM(resistive RAM)技術が報告された…(記事を読む06/19 22:54

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓