EDA・ソフトウエア 強いLSIやボードを設計するための
 

パワー・フォーマットとは

power format

2009/01/13 09:00
印刷用ページ

改訂版EDA用語辞典とは・著者一覧

 LSIのコア領域に複数の電源を供給する「マルチVDD設計」や「パワー・ゲーティング(電源遮断)設計」を行う場合には,次の二つを指定しなければならない。すなわち,「電源系統をどう分割するか」,「どの領域にどの電源を供給するか」である。

 従来は,次のような作業を実施することで,上記の2項目を指定していた。

  • (1)電源系統(パワー・ドメイン)ごとに使用するスタンダード・セルの名前を変えて,暗黙に電源供給を表現する。
  • (2)ネットリストに無理やり電源ネットを書き加える。
  • (3)パワー・ドメインごとに階層設計を行う。

 こうした作業を,主に物理設計段階で行ってきた。しかし,手間がかかる上に,検証手段が確立されていなかったため,設計ミスの危険性が高かった。

低電力設計のデータを記述

 このような状況を改善すべく,低消費電力設計に関するデータを記述するための「パワー・フォーマット」が登場した。具体的には,2006年に米Cadence Design Systems, Inc.を中心とした非営利団体「Power Forward Initiative(PFI)」が「CPF(Common Power Format)」と呼ぶパワー・フォーマットを提案した。

 また,米Synopsys, Inc.と米Mentor Graphics Corp.らが中核となり,非営利の標準化機関の米Accelleraから,「UPF(Unified Power Format)」と呼ぶパワー・フォーマットが提案された。現在,CPFは非営利の標準化機関の米Si2(Silicon Integration Initiative)が,UPFは米IEEEが管理している。

 どちらのパワー・フォーマットも以下のような目的がある。

  • (a)RTL(register transfer level)データやネットリストとは独立に,パワー・ドメインや電源ネットを表現する。
  • (b)論理シミュレーションからレイアウト検証まで共通のデータを参照することで,手間の削減やミスの防止を狙う。
  • (c)マルチVDDに必要なレベル・シフタ,電源遮断に必要なアイソレータやパワー・(電源)スイッチの挿入のルールを記述することで,それらの自動挿入を可能にする。
  • (d)パワー・ドメインや電源ネットがシャット・オフ(遮断)する条件を記述することで,一部の回路がシャット・オフしている状態での論理シミュレーションを可能にする。

 二つのフォーマットは基本的に同様の機能を持つが,互換性はない。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング