家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

ワイヤレス電力供給技術とは

ワイヤレスデンリョクキョウキュウギジュツ

2007/03/27 09:30
印刷用ページ

 電源コードなどを介さず,ワイヤレスで電力を機器に供給する技術。「非接触充電」や「ワイヤレス充電」,ワイヤレス電力伝送などとも呼ばれている。

 現時点で登場してきたワイヤレスによる電力供給技術はその電力伝送の原理で3種類に大別できる(図)。まず,多くの携帯端末に採用が広がりつつある非接触充電技術には「電磁誘導」が用いられている。これは二つのコイルを近接させて一方のコイルに電流を流すと,発生する磁束を媒介にもう一方のコイルにも起電力が生まれる現象である。

 また,実用化が近いもう一つの技術の原理は,電波のエネルギーをアンテナで送受信できることををそのまま利用する。増幅回路などを用いずに電波の交流波形を整流回路で直流に変換して利用する。

 第3の原理は,電磁場の共鳴を利用する方法である。共鳴技術自体はエレクトロニクスではありふれているが,ここでは電磁波や電流ではなく,電場だけ,磁場だけを利用する。2006年11月に米Massachusetts Institute of Technology(MIT),Physics Department,Assistant ProfessorのMarin Soljai氏のグループが,世界で初めて電力供給技術としての利用可能性を発表した。

図 ワイヤレス電力供給技術の三つの基本原理
図 ワイヤレス電力供給技術の三つの基本原理 (日経エレクトロニクス2007年3月26日号より抜粋)

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング