• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 【iPad mini分解3】ガラスからフィルム基板に変更されたタッチ・パネル

【iPad mini分解3】ガラスからフィルム基板に変更されたタッチ・パネル

  • 日経エレクトロニクス分解班
  • 2012/11/13 17:30
  • 1/1ページ
図1 「iPad mini」(右)と「iPad」(第3世代品、左)のカバー・ガラスの背面
図1 「iPad mini」(右)と「iPad」(第3世代品、左)のカバー・ガラスの背面
[画像のクリックで拡大表示]
図2 iPad miniはフィルム基板を用いたタッチ・パネルを搭載
図2 iPad miniはフィルム基板を用いたタッチ・パネルを搭載
[画像のクリックで拡大表示]
図3 iPad(第3世代品)はガラス基板を用いたタッチ・パネルを搭載していた
図3 iPad(第3世代品)はガラス基板を用いたタッチ・パネルを搭載していた
[画像のクリックで拡大表示]
図4 iPad miniのカバー・ガラスとタッチ・パネルの厚さは約0.8mm
図4 iPad miniのカバー・ガラスとタッチ・パネルの厚さは約0.8mm
[画像のクリックで拡大表示]
図5 iPad(第3世代品)のカバー・ガラスとタッチ・パネルの厚さは約1.3mm
図5 iPad(第3世代品)のカバー・ガラスとタッチ・パネルの厚さは約1.3mm
[画像のクリックで拡大表示]
図6 iPad miniではFPC上の別基板にタッチ・コントローラICを実装。Broadcom社製である
図6 iPad miniではFPC上の別基板にタッチ・コントローラICを実装。Broadcom社製である
[画像のクリックで拡大表示]

その2から続く)

 大きなトラブルもなく、米Apple社の「iPad mini」の分解に成功した日経エレクトロニクス分解班。ここからは、主要部品の観察を進めていく。

 iPad miniの特徴の一つが、前面のカバー・ガラスに接着剤で貼り付けられた静電容量式タッチ・パネルだ。今回のiPad miniでは、基板が従来のガラスからフィルム(樹脂)に変更されている。

 タッチ・パネルの基板を、ガラスからフィルムに変更する利点の一つは、薄型化を図れることだ。iPad miniにおける、カバー・ガラスとタッチ・パネル合計の厚さは約0.8mm。ガラス基板を用いていた「iPad」(第3世代品)の約1.3mmに比べて、約0.5mm薄くなった。ひと足早く発売されたスマートフォン「iPhone 5」に導入された、タッチ・パネルの機能を液晶パネルに内蔵する「インセル」技術ほどではないが、薄型化に貢献したといえそうだ(日経エレクトロニクスの関連記事)。

 iPad miniのタッチ・パネルでは、2個のタッチ・コントローラICの実装位置も変更されている。実装されているのは、タッチ・パネルとメイン基板を接続するフレキシブル基板(FPC)上にある別基板。これまでのiPadシリーズ3機種では、タッチ・コントローラICはメイン基板上に実装されていた。タッチ検出時の感度を高めるため、もしくは薄型化に伴い実装位置が変更された可能性がありそうだ。なお、2個のタッチ・コントローラICは共に、米Broadcom社製だった。

 分解班は、さらに別の主要部品の観察を続けていく(その4に続く)。

【技術者塾】(6/6開催)
最適制御とモデル予測制御の基礎から応用展開まで


最適制御の基礎と数値解法の考え方を解説した上で、モデル予測制御の問題設定、実時間アルゴリズム、そして最先端の応用事例について解説します。実際に応用する際の手順がイメージできるよう、簡単な例題を交えて説明します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月6日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ