家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【iPhone 5分解その1】iPhone 5がやってきた

日経エレクトロニクス分解班
2012/09/21 13:24
印刷用ページ

 2012年9月21日、Apple社の新型スマートフォン「iPhone 5」が発売された(Tech-On!の関連記事)。日経エレクトロニクス分解班でも早速、分解用にauの「ブラック&スレート」モデルを入手した。

 話題の新製品だということで、編集部員が次々に触りにくる。皆、異口同音に「思っていたより小さい」と言う。従来製品の「iPhone 4S」よりも薄型になったのが、“小さい”という印象につながっているようだ。「幅が狭くなった?」と尋ねてくる人もいた。幅はiPhone 4Sと変わっていなのだが、縦が長くなったことで細長く見えるようだ。「電話がかけやすい形になった」との意見もあった。

 重さは、iPhone 4Sが140gなのに対し、iPhone 5は112g。手に持ってみると、たしかに軽くなったことを実感できる。これまで、従来製品よりも軽量化したことを売り物にする製品は、実際に持ってみると「スカスカ感」を感じることが少なくなかった。iPhone 5は、軽くなっても「中が詰まってる感じ」は維持しており、スカスカ感をうまく回避している印象だ。

 本体とともに編集部員が関心を持ったのがコネクタだ。30ピンの大型のものから「Lightning」という小型のコネクタに変更されている。コードの先端のコネクタ部は、先が金属になっており、高い剛性を期待できそうだ。「カチッ」という小気味いい感触で本体と接続できる。

 Webサイトの閲覧といった操作を行った際の体感速度は、iPhone 4Sに比べて上がっていることを実感できる。高速なLTE通信やアプリケーション・プロセサの高速化などが寄与しているようだ。

 日経エレクトロニクス分解班では、9月24日から数回に渡って分解記事をお届けする。また、10月10日にiPhone 5の分解/解析セミナーを開催することも決定した。講師は、機器分解のプロフェッショナルであるフォーマルハウト・テクノ・ソリューションズの柏尾南壮氏。会場には分解したiPhone 5の部品を並べ、参加者が自由に触ったり写真を撮ったりできるようにする予定だ。詳細については追ってご案内する。

その2に続く)

iPhone 5(左)とiPhone 4S(右)
iPhone 5(左)とiPhone 4S(右)
[クリックすると拡大した画像が開きます]
背面の比較。iPhone 5では背面のガラスは廃止され、ツートンのデザインになった。
背面の比較。iPhone 5では背面のガラスは廃止され、ツートンのデザインになった。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
下面の比較。どのように薄くなっているかが分かる。コネクタの口が小さくなり、ヘッドホン・ジャックが下面に移動した。
下面の比較。どのように薄くなっているかが分かる。コネクタの口が小さくなり、ヘッドホン・ジャックが下面に移動した。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
話題の“大王製紙”。iPhone 5が搭載する「iOS 6」では、標準の地図アプリがGoogleマップからApple製のものに変更された。iOS 6の地図アプリでは、羽田空港の部分になぜか「大王製紙」と表示される。地図アプリの完成度がまだ低いのは、iPhone 5の数少ない残念なポイント。
話題の“大王製紙”。iPhone 5が搭載する「iOS 6」では、標準の地図アプリがGoogleマップからApple製のものに変更された。iOS 6の地図アプリでは、羽田空港の部分になぜか「大王製紙」と表示される。地図アプリの完成度がまだ低いのは、iPhone 5の数少ない残念なポイント。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング