家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【MWC】「これだけ小さいとかなりインパクトがある」、TransferJetコンソーシアムがソニーと村田製作所の小型品を出展へ

蓬田 宏樹=日経エレクトロニクス
2012/02/27 06:04
印刷用ページ
村田製作所の小型送受信モジュール
村田製作所の小型送受信モジュール
[クリックすると拡大した画像が開きます]
ソニーの小型送受信IC
ソニーの小型送受信IC
[クリックすると拡大した画像が開きます]
MWC開催前日の報道関係者向けイベントに出展した
MWC開催前日の報道関係者向けイベントに出展した
[クリックすると拡大した画像が開きます]
TransferJet機能を備えたスマートフォンの試作機。2012 International CESで公開済みである。
TransferJet機能を備えたスマートフォンの試作機。2012 International CESで公開済みである。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
タブレット端末の試作機。こちらもCESで公開済みである。
タブレット端末の試作機。こちらもCESで公開済みである。
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 近接無線規格「TransferJet」の普及促進を進めるTransferJetコンソーシアムは、2012年2月27日から開催される「Mobile World Congress 2012」において、ソニーが先ごろ発表した小型の送受信ICと、村田製作所が発表した小型送受信モジュールを、展示会場でそれぞれ披露する。TransferJetコンソーシアムが、MWC開催前日の報道陣向けイベントで明らかにしたもの。

 ソニーが発表した新型IC「CXD3271GW」は、6mm×6mm×0.72mmで96端子の「WFLGA」に封止している。SDIO 3.0に対応することで、内部転送速度が高速化し、実効的な最大データ伝送速度を従来品よりも高められるという強みがある(Tech-On!の関連記事)。会場では従来品と比較しながら、小寸法をアピールするという。また村田製作所の小型送受信モジュール(外形寸法が5.3mm×5.3mm×1.0mm)に関しては、「ここまで小さな送受信モジュールができると、端末への搭載がグンと現実味を帯びてくる。この小ささはかなりインパクトがあるはずだ」(TransferJetコンソーシアムの関係者)と、スマートフォンやタブレット端末搭載への期待を述べた(Tech-On!の関連記事)。

 TransferJetコンソーシアムのブースではこのほか、東芝が試作したTransferJet対応タブレット端末や、ソニーが試作したスマートフォンなどを出展し、大容量の動画ファイルを簡易に無線でやりとりできる様子を示すという(Tech-On!の関連記事)。ブース担当者は「大容量ファイルを自在にやりとりできることをアピールして、端末への採用につなげたい。2013年度末ごろまでには、搭載機が登場するのではないか」と、普及への期待を込めていた。

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング