• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 【CES】Transferjetコンソーシアムが出展、内蔵タブレットとスマホを披露

【CES】Transferjetコンソーシアムが出展、内蔵タブレットとスマホを披露

  • 佐伯 真也=日経エレクトロニクス
  • 2012/01/16 17:38
  • 1/1ページ
図1 タブレット端末の試作機。Transferjetによるデータ伝送関連のアプリを立ち上げたところ
図1 タブレット端末の試作機。Transferjetによるデータ伝送関連のアプリを立ち上げたところ
[画像のクリックで拡大表示]
図2 スマートフォンの試作機。Transferjetの関連アプリのアイコンが右側に見える
図2 スマートフォンの試作機。Transferjetの関連アプリのアイコンが右側に見える
[画像のクリックで拡大表示]
図3 スマートフォンからタブレット端末へ写真データをTransferjetを用いて伝送している様子
図3 スマートフォンからタブレット端末へ写真データをTransferjetを用いて伝送している様子
[画像のクリックで拡大表示]
図4 タブレット端末に搭載されていた、東芝の送受信モジュール
図4 タブレット端末に搭載されていた、東芝の送受信モジュール
[画像のクリックで拡大表示]
図5 ソニーの送受信LSI「CXD3270GG」(上)と東芝の送受信LSI「「TC35420」(下)
図5 ソニーの送受信LSI「CXD3270GG」(上)と東芝の送受信LSI「「TC35420」(下)
[画像のクリックで拡大表示]

 近接無線規格「TransferJet」の仕様策定・普及促進などを図るTransferJetコンソーシアムは、同技術を内蔵したタブレット端末やスマートフォンの試作機を、米国ラスベガスで開催された展示会「2012 International CES」に出展した。データ伝送速度が375Mビット/秒と速いTransferJetの利点を生かし、対応する端末間で写真などのデータをやりとりするデモを披露していた。実用化時期は未定であるが、「なるべく早くタブレット端末やスマートフォンへ搭載したい」(TransferJetコンソーシアムの説明員)とする。

 タブレット端末の試作機は、東芝が開発したもの。7型のタブレット端末「レグザタブレット AT3S0」に、外形寸法が7.5mm×7.5mm×1.6mmのTransferJet送受信モジューを搭載した。送受信LSIには、同社が開発した「TC35420」を採用する(Tech-On!の関連記事)。同LSIの外形寸法は、4.0mm×4.0mm×0.5mmである。「送受信LSIの小型化により、タブレット端末への搭載が容易になった」(TransferJetコンソーシアムの説明員)という。

 一方、スマートフォンの試作機の開発は、ソニーが手掛けた。日スウェーデン合弁であるSony Ericsson Mobile Communications社の「Xperia Arc」をベースに開発した。送受信LSIには、外形寸法が13mm×12mm×1.0mmであるソニーの「CXD3270GG」を採用したという。

 なお、TransferJetコンソーシアムは、今回のCESの開幕に合わせる形で、同技術の機能拡張を発表している。プロトコル変換層に3種類の新規格が追加され、TransferJetコネクションレイヤーのデータを、シリアル、SD over SCSI、PTP/MTPのプロトコルに割り当てた。さらには、2012年第1四半期にIPストリームの機能に対応する予定。これにより、著作権で保護されたコンテンツを、DTCP-IPを使って機器に転送できるようになるという。

8月2日開催セミナー! 実践!IoTビジネス
~データ活用が、企業の成長を決める~


ビッグデータの活用が課題となっていますが、ここでは新しい発想でデータを調達、活用している先進企業の事例を紹介します。 ぜひご参加ください。 詳細は、こちら
日程 : 2016年8月2日
会場 : 三井住友銀行東館 ライジング・スクエア SMBCホール

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓