技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

「YouTube」での楽曲利用を可能に,音楽著作権管理事業者のJRC

竹居 智久=日経エレクトロニクス
2008/03/27 20:51
印刷用ページ

 音楽著作権管理事業者のジャパン・ライツ・クリアランス(JRC)と動画共有サイト「YouTube」を運営する米Google Inc.は2008年3月27日に,JRCが著作権を管理する楽曲のYouTubeにおける包括利用許諾契約を結んだと発表した。JRCの管理楽曲をユーザーが演奏したり歌ったりした映像をYouTubeに投稿し,他のユーザーと共有できるようになる。楽曲使用料など詳細な契約内容については「公表しない」(両社)。

 JRCは,音楽プロダクションなどが中心となって設立され,2002年4月に管理事業を開始した事業者である。Mr. Childrenやスピッツなどの著名なアーティストの楽曲を含む約5000曲を管理している。2008年3月期の徴収実績は約9億円(速報値)で,最大手の音楽著作権管理事業者である日本音楽著作権協会(JASRAC)の約0.8%の規模(JASRACの2007年3月期の徴収実績である約1111億円との比較)である。

 今回の契約に伴い,アーティストやレコード会社はYouTubeをプロモーション活動に利用できるようになる。楽曲の著作権管理をJRCに委託したアーティストが所属するレコード会社が,YouTubeに公式チャンネルを開設することを発表した。フォーライフミュージックエンタテインメントは,DOUBLEやBENNIE K,阿部芙蓉美といったアーティストのプロモーション・ビデオやライブ映像などを公開する公式チャンネルを2008年4月4日に開設する。インディーズ・レーベルであるデンジャー・クルー・エンタテインメントはムックやシド,ギルガメッシュといったアーティストのプロモーション・ビデオを配信する「デンジャー・クルー・レコーズ・チャンネル」を同年3月27日に開設した。

JASRACはヤフーおよびソニーと契約済み

 YouTubeでの楽曲の利用についてGoogle社が国内の著作権管理事業者と契約するのは初めてという。JASRACなど24の著作権関係権利者団体・事業者はYouTubeにおける著作権侵害行為の防止策を求めてGoogle社と協議を重ねているものの,現時点では合意に至っていない(Tech-On!の関連記事1)。JRCはこの協議を求める24団体には入っていなかった。一方JASRACはこれまでに,「Yahoo!ビデオキャスト」および「eyeVio」での利用に関して,ヤフーおよびソニーとそれぞれ管理楽曲の利用許諾契約を結んでいる(Tech-On!の関連記事2)。

この記事を英語で読む

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング