家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

2008年の次世代DVD戦争を総括する(その3) BDのキーマン・小塚雅之氏が語る「勝因」

松下電器産業 小塚雅之氏

浅川 直輝=日経エレクトロニクス
2008/02/22 10:52
印刷用ページ
松下電器産業 蓄積デバイス事業戦略室 室長の小塚雅之氏
松下電器産業 蓄積デバイス事業戦略室 室長の小塚雅之氏
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 東芝がHD DVD事業から撤退することで,Blu-ray Discが事実上の次世代DVD統一規格になった。2008年以降,Blu-ray Discは本当にDVDを置き換える巨大産業に育つのか。同規格の普及戦略を語る上でキーマンと言える,松下電器産業 蓄積デバイス事業戦略室 室長の小塚雅之氏に話を聞いた。

(聞き手=浅川 直輝)

――今回,東芝がHD DVD事業の撤退に至り,Blu-ray Discが勝利した要因は何だったのでしょうか。2007年後半から今に至るまでの次世代DVD戦争を総括してください。

小塚氏 我々にとって,2007年の米国での年末商戦が決戦の場でした。これまで民生用プレーヤーではHD DVDの方が累計台数で多かったですが,2007年12月の累計では,Blu-ray Discプレーヤーが6:4で勝ちました。もちろん,2008年1月にWarner社がBlu-ray Disc陣営に入ってからは,Blu-ray Discプレーヤーの方が圧倒的に売れています。東芝はその後HD DVDプレーヤーを値下げしましたが,我々の優位は変わりませんでした。

 民生用プレーヤーの争いに加えてBlu-ray Discの勝利に貢献したのが,やはりプレイステーション3(PS3)です。Warner社はこれまで「PS3の台数は,規格争いには関係ない」と言っていましたが,これに対してソニーが応えたんでしょう。PS3にリモコンを付けたり,パッケージ・メディアを10枚付けたりと,Blu-ray DiscプレーヤーとしてのPS3の魅力をプロモーションしました。

 東芝の敗北を決定付けたのは,Black Fridayにおける「99米ドル」という値付けだったのではないでしょうか。あの値付けでは,誰もHD DVDプレーヤーに参入する気をなくします。HD DVD陣営にとって最後の希望が,中国メーカーの米国市場への参入だったはず。ですが,販売価格が99米ドルでは,東芝以外に誰も参入できるはずがありません。

――東芝の撤退を受けて,Blu-ray Disc機器の売れ行きには動きがありましたか。

小塚氏 Blu-ray Discプレーヤーは2007年年末に大量に売れてしまったこともあり,今はあまり動いていません。日本で売れているBlu-ray Discレコーダーは,年末に品薄になったことを受けて,2008年から大増産をかけたので,今ではかなりの数量が出ているはずです。特に松下電器産業のBlu-ray Discレコーダーは,需要の読み違えで極端に品不足になってしまい,失礼しました。

――Blu-ray Discが事実上の統一規格になったことで,2008年にはBlu-ray Discはどこまで普及すると考えていますか。

小塚氏 2008年に,BDプレーヤーは少なくとも北米で400~500万台は売れると考えています。さらに米映画会社は,Blu-ray Disc対応のパッケージ・メディアの売り上げを10億米ドルまで高めたいと考えているようです。一枚当たり20米ドルとして,枚数にして5000万枚以上。2007年の販売枚数が700万枚くらいでしたから,実に7~8倍を見込んでいるわけです。今後,映画会社の目標は,DVDからBlu-ray Discへの移行を促すことになります。映画会社は,規格が統一した今,本気でプロモーションをかけると言っていますよ。

 レコーダーが売れる日本では,Blu-ray Discレコーダーが150万台~200万台は売れるんじゃないでしょうか。欧州も含めれば,民生用のBlu-ray Discプレーヤー/レコーダーの販売台数は1000万台を超える可能性が高いんじゃないか,と個人的には思っています。

――インターネットを経由したネットワーク配信事業の台頭に,脅威を感じていますか。

小塚氏 「Blu-ray Discはネットワーク配信に負ける」なんて議論がありましたが,それは暴論というものです。我々が付き合っている映画会社の方たちは「(ブロードバンド環境が普及した)日本ならともかく,数百kビット/秒の環境が多い米国ではまだまだ無理」と言っていますよ。

 もちろん,Blu-ray Discのネットワーク・サービス規格「BD-Live」に対応したプレーヤーなら,擬似ストリーミング(プログレッシブ・ダウンロード)などでネットワーク配信を受けることは可能です。ですが,配信サーバへの投資やQoS確保の難しさを考えれば,現段階ではリアリティがある事業とは言えません。

 そもそも,ネットワーク配信とパッケージ・メディアは,映画会社にとって事業区分が異なります。映画会社は,まず劇場公開の事業で収入を得た後,DVDやBlu-ray Discといったホーム・ビデオ事業で売り上げを稼ぎます。この二つの事業で収入の大半を得た後に手がけるのが,ビデオ・オン・デマンド,ペイ・パー・ビュー,テレビ放送へのコンテンツ提供です。ネットワーク配信は,このうちビデオ・オン・デマンドに属する事業です。ネットワーク配信とパッケージ・メディアは,サービスの開始時期や顧客層が異なるわけです。我々が関わるホーム・ビデオ部門の人に「映画をまるごとダウンロードする」という事業にリアリティを感じていません。まあ今から7~8年後なら分かりませんが。

この記事を英語で読む

小塚氏のインタビューの続きは,日経エレクトロニクス2008年3月10日号に掲載予定です

2008年の次世代DVD戦争を総括する(その1)(その2)

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング