• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 2008年の次世代DVD戦争を総括する(その1) 万全の横綱相撲だったBD陣営

2008年の次世代DVD戦争を総括する(その1) 万全の横綱相撲だったBD陣営

  • 浅川 直輝=日経エレクトロニクス
  • 2008/02/19 22:56
  • 1/1ページ

 5年以上にわたる次世代DVD戦争が,東芝 代表執行役社長の西田厚聰氏の決断をもって遂に終結した(Tech-On!関連記事)。2006年3月31日に同社が初めてHD DVDプレーヤーを発売してから2008年2月まで,東芝が出荷したHD DVD機器は約130万台だったという。

HD DVDプレーヤー 71万台(米国:60万台,欧州:10万台,日本:1万台)

HD DVDレコーダー 2万台(日本のみ)

HD DVD搭載パソコン 30万台(北米が14万台,欧州が13万台,日本が2万台)

 これまでTech-On!では,2006年2007年と,販売台数の推移などを中心に次世代DVD戦争の動向をまとめた。前回の総括からまだひと月半しか経過していないが,西田氏の決断に至る経緯を簡単にまとめてみたい。

 社長の西田氏は記者会見において,Warner社がHD DVD向けパッケージ・メディアを供給する契約を破棄し,Blu-ray Discへ鞍替えしたことへの悔しさを隠そうとしなかった。Warner社と東芝との契約は2008年1月時点ではまだ有効であり,この段階でのWarner社の離反はまさに「寝耳に水」だったという。

 Warner社の発表は,「2008 International CES」の前日というタイミングだったこともあり,米メディアに大きく取り上げられた。この結果,直後の2008年1月6~12日におけるHD DVDプレーヤーの販売台数は, 前週比88%減の1758台と大きく落ち込んでいる(Tech-On!関連記事)。東芝は打開策としてHD DVDプレーヤーの値下げを発表したが(Tech-On!関連記事),一度冷えた消費者の心理を取り戻すには至らなかった。

BD陣営,Wal-Mart社対策も抜かりはなかった

 そしてHD DVDにとどめを刺したのが,2008年2月15日,米小売最大手のWal-Mart社が「HD DVDプレーヤーの扱いを2008年6月までに取り止める」と発表したことである。これまで東芝は,Wal-Mart社向けに99米ドルのHD DVDプレーヤーを販売するなど,Wal-Mart社に赤字覚悟の値付けで製品を供給することで,販売台数を稼いでいた。この大きな販路が閉じられたことで,HD DVD事業の終息は決定的となった。

 実はBlu-ray Disc陣営は,東芝のWal-Mart社への安売りに対抗する策を用意していた。Wal-Mart社と太いパイプを持つ船井電機と協力関係を結んだことである。

 船井電機は2008 International CESにおいて,Blu-ray Discプレーヤー「NB500シリーズ」を2008年第2四半期に発売することを明らかにした。店頭での予想価格は300米ドル。「2008年の年末商戦までには店頭価格が199米ドルまで下がるのでは」との声もあった。

 この船井電機のプレーヤーは,松下電器産業が開発した45nmプロセスのUniPhier LSI,およびソニーが開発したBlu-ray Disc用再生ヘッドを搭載したものである。安価な機器の開発で定評がある船井電機を先兵にBlu-ray Discプレーヤーの価格を引き下げ,東芝の値下げ戦略に対抗したいという同陣営の思惑が垣間見える。あるBlu-ray Disc陣営の幹部は,船井電機の参入によって「プレーヤーの競争については圧倒的に有利になると見込んでいた」と語る。Blu-ray Disc陣営はまさに「横綱相撲」で,2008年までに次世代DVD戦争に決着をつける見通しをつけていたわけだ。

2008年の次世代DVD戦争を総括する(その2)はこちら

この記事を英語で読む

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓