家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

2008年の次世代DVD戦争を総括する(その2) パソコン向けではBD/HD両対応機が普及するはずだった

浅川 直輝=日経エレクトロニクス
2008/02/21 13:58
印刷用ページ

 2008年1月,米映画会社のWarner社がBlu-ray Disc陣営に鞍替えした「ワーナー・ショック」までは,どのパソコン・メーカーも「勝負は2008年の年末商戦で決まる」と考えていた。2007年末の時点では,民生用プレーヤー,パソコン用装置とも,両規格はほぼ互角の戦いを演じていたからだ。それでも,やはりプレイステーション 3の普及効果などで,Blu-ray Discが最終的に優位に立つ可能性が高いとみられていた。

 ただしパソコン業界では,2008年末の時点でBlu-ray Disc規格の優位が確定したとしても,HD DVD規格が消滅するには至らないとみていたという。いずれの規格も,いったん"インフラ"として消費者に定着すれば,例え使用頻度が少なくても,その規格を排除するのは難しいからだ。「長年にわたってパソコンに搭載され続けたフロッピー・ディスク装置や,すべてのDVD規格が読み書きできるスーパーマルチドライブがいい例だ」(テクノ・システム・リサーチ)。例えば東芝は「ワーナー・ショック」以前,パソコン向けHD DVD装置の生産量を2008年から大幅に増やすシナリオを描いていた。Blu-ray Disc装置の供給量が不足気味だったたこともあり,「高付加価値パソコンを売りたいパソコン・メーカーからの引き合いが,2007年末から急増していた」(東芝)という。

 このためパソコン・メーカーは,2008年後半から2009年にかけて,Blu-ray DiscとHD DVDの両規格に対応する装置を本格的に採用するロードマップを描いていたという。既に両対応機を開発していた日立エルジーデータストレージのほか,それぞれの規格を推す光ディスク装置メーカーも,水面下で両対応機を開発,あるいは計画していたもようだ。民生用プレーヤー市場ではBlu-rayDiscが優位になる可能性が高いものの,パソコン市場では両対応機が普及する。これがパソコン業界が描いたシナリオだった。

 Warner社の決断があと一年遅れていたら,この見込みは現実になっていた可能性が高い。東芝のHD DVD撤退により,シナリオは完全に白紙となった。各光ディスク企業は両規格対応装置の開発を中止し,高機能パソコンにはBlu-ray Disc装置が載ることになりそうだ。

2008年の次世代DVD戦争を総括する(その1)はこちら

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング