• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
半導体デバイス 半導体デバイスの最新情報・トレンドを知る
 

【半導体】Intel、売り上げ首位を維持するも、“新事業”の製造受託に本腰

小島 郁太郎=Tech-On!編集
2013/11/26 00:00
1/1ページ
ファウンドリ・サービスの概要 製造だけでなく、設計も提供される。同社のスライド。
ファウンドリ・サービスの概要 製造だけでなく、設計も提供される。同社のスライド。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
製造技術で先行という Intelのスライド。
製造技術で先行という Intelのスライド。
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 半導体関連の4つのサイト、「半導体デバイス」、「半導体製造」、「EDA」、「アナログ」に投稿の全記事(日経BP半導体リサーチ記事を含む)の中から直近4週間(2013年10月28日~11月24日)でアクセス数が多かったのは、米IC Insights社が予想する2013年半導体売上高ランキングを紹介した記事だった。

 同記事によれば、2012年に比べて2013年に売上高を伸ばす好調な企業は、メモリ・メーカー、ファブレス半導体メーカー、シリコン・ファウンドリ。一方で売上高の減少など低調な結果に終わりそうな企業は、メモリー以外のICを扱うIDM(integrated device manufacturer)である。ロジックICで、今や唯一の大手IDMとなった米Intel社も例外ではない。売上高ランキングで1位を維持するものの、2013年の売上高は対前年比で2%の減少になると、IC Insightsは予想する。

 こうした状況の打開を図るように次々とIntelは手を打っている。このアクセス数ランキングを紹介する記事では、直近の過去2回、日本法人であるインテルの変化を紹介してきた。前回(今回のランキングで16位に入った)はインテルの社長交代(Tech-On!関連記事1)、前々回はインテルの記者発表内容の変化(Tech-On!関連記事2)である。

アクセス記事ランキング(10/28~11/24)
半導体
1 半導体売上高ランキング、2013年はルネサスがトップ10落ち---IC Insights予想
2 パナソニックが半導体事業の構造改革を加速、富士通とのシステムLSI統合は2014年度初頭に
3 「機電一体の意義は、機のバラつき補正にあり」、デンソーがGSA Forum Japanで講演
4 TSMCの3Q決算に見るスマホ/PC/ゲーム機の需要動向
5 NANDフラッシュ・メモリが絶好調の東芝、2013年度上期決算は大幅な増益
6 ルネサスは3四半期連続の営業黒字、次は「設計開発拠点を集約する」と作田CEO
7 「アナログからデジタルへの移行は終わった。次は再びアナログに注目」、東工大の松澤氏が語る
8 Spansionが富士通セミコンから買収したマイコン事業について説明、「2015年に40nm品を投入」
9 「世界の民生エレ企業の56%が財務上危機的な状況にある」、AlixPartners社が指摘
10 パワー半導体フォーラム2013
11 「4K動画の撮影に対応」、サンディスクが世界最速をうたうCompactFlashカードを発売
12 ニコンが半導体露光装置のアップグレード事業を強化、パワー半導体や3次元LSI市場を狙う
13 Intel社は「IoT」でどう事業を進めるか、会見で説明
14 「家電市場シュリンクの痛手はほぼ乗り越えた」、ONSemiが日本における事業戦略を説明
15 今日のご飯、パサついてない?
16 【半導体】「日本の技術をアジアで活かすことに寄与する」、インテルの新社長が所信表明
17 「SiC基板の製造コストを半分以下に」、ベンチャーが新しい製造方法を提案
18 13年9月の半導体世界売上高、過去最高を記録
19 国内半導体企業の不振で機器メーカーの開発体制にしわ寄せ、その傾向と対策を議論へ
20 第15回●“ハイブリッド・チップ”始まる

 今回の記事でも、伝えたい変化があった。多くのメディアで取り上げられたように、Intelはファウンドリ(製造受託)事業を積極的に行うことを、2013年11月21日(米国時間)の投資家向け説明会で宣言した。同年2月にIntelが米Altera社のFPGAを14nm FinFETプロセスで製造するというニュースが流れた際には大きな話題となったが(Tech-On!関連記事3)、それ以前から有力顧客向けにファウンドリ・サービスを行ったり、カスタムのMPUを開発・提供していることは、公然の秘密だった。21日の説明会では、それを公式に発表したことになる。

 同社のCEOが5月に製造畑出身のBrian Krzanich氏になったことを考えると(Tech-On!関連記事4)、自然な流れと言える。なお、今回発表されたファウンドリ・サービスにはIntelによる設計や後工程(パッケージングなど)も含まれている。

 その説明会では、製造部門トップのWilliam Holt氏(Executive Vice President General Manager, Technology and Manufacturing Group)は、ファウンドリ事業でライバルとなる台湾TSMCなどとの技術力を比較をしたスライドを見せた。それによれば、Intelの製造技術は競合のそれより3.5年進んでいるという。

富士通セミコンとパナソニックのSoC事業統合の行方

 今回の記事ランキングの2位になったのは、パナソニックの半導体事業の構造改革に関する記事である。改革の目玉の一つとなるのが、富士通セミコンダクターとのSoC(システムLSI)事業の統合である。すでに両社において統合対象部署は決まっているが、統合交渉は難航している。当初は2013年度半ばに統合会社を設立する予定だったが、「ここにきてようやく話は前に進み、詳細の段階に煮詰まってきた。2014年度初めには新体制でスタートしたい」(パナソニック)という。

 続いて今回の記事ランキングの3位になったのは、デンソーのデバイス事業の責任者の講演を紹介した記事である。同社の加藤之啓氏(常務役員 デバイス事業部 担当)が「GSA Semiconductor Leaders Forum Japan 2013」(2013年10月29に東京で開催)で講演した。同氏によれば、今後の自動車の電子化のポイントは、複数のECU(electronic control unit)の連携と、機械と電子の統合(機電一体化)である。

【技術者塾】(2/23開催)
シグナル/パワーインテグリティーとEMC

〜高周波・低電圧設計に向けたノイズの課題と対策〜


本講座では、設計事例を基に、ノイズ対策がなぜ必要なのかを分かりやすく解説します。その上で、シグナルインテグリティー(SI)、パワーインテグリティー(PI)、EMCの基礎知識ならびにそれらがノイズ課題の解決にどのように関係しているかを、これまでの知見や経験に基づいた具体例を踏まえつつ解説を行います。 詳細は、こちら
日程 : 2016年2月23日
会場 : 化学会館
主催 : 日経エレクトロニクス
印刷用ページ
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾
  • スポーツイノベイターズオンライン

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング