• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくりエディターズ・ノート > 誰が不具合の原因を調査する(できる)のか

エディターズ・ノート

誰が不具合の原因を調査する(できる)のか

  • 高野 敦=日経ものづくり
  • 2013/02/07 07:00
  • 1/2ページ
日本航空が運航していた「Boeing 787」の電池を解析するNTSBの調査担当者(写真:NTSB)
[画像のクリックで拡大表示]

 米Boeing社の旅客機「Boeing 787」で2次電池が過熱・発煙する事故が相次ぎ、同社や2次電池を製造したジーエス・ユアサコーポレーション、米国家運輸安全委員会(NTSB)、日本の運輸安全委員会(JTSB)などが原因調査に乗り出しています(Tech-On!の関連記事1関連記事2関連記事3、『日経ものづくり』の記事紹介、『日経エレクトロニクス』の記事紹介)。しかし、電池が発火したから電池が悪いという単純な話ではなく、電池の制御ユニットや組立工程などに問題が潜んでいた可能性もあるため、原因調査は長期化が避けられない様相です。

 そもそも、Boeing 787に限らず、現代の製造業では分業化や製品の複雑化が進んだことから、ある製品のユニット/部品で不具合が起きた場合、その原因調査は年々難しくなっているようです。一連の事故を受けて、日経ものづくりは「複数の企業が関わる製品不具合の原因調査」というテーマでアンケートを実施しましたが、そこでも原因調査は難しくなったという回答が多数を占めました。回答結果の詳細は日経ものづくり2013年3月号(2013年3月1日発行)の「数字で見る現場」欄に掲載する予定ですが、ここではその中でも個人的に興味深いと思った設問および回答結果を1つ紹介します。

 アンケートは既に終了しています。ご回答いただいた方には、あらためて感謝申し上げます。
【技術者塾】(5/19開催)
クルマの軽量化の切り札 CFRPを使いこなす

材料物性から成形、設計、製品事例までを徹底理解


トヨタ自動車の「レクサスLFA」のCFRP製ボディーを開発した講師が、自動車メーカーの開発の考え方や、CFRPの材料物性や成形法、クルマへの適用事例などについて解説。CFRP製品の設計や生産技術の開発に必須の知識を1日で学べます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月19日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経ものづくり

おすすめ