• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメントTech-On!Campus読者300人に聞きました > 第3回・働いてみたい業界・企業

Tech-On!Campus読者300人に聞きました

第3回・働いてみたい業界・企業

  • 木村 知史=Tech-On!
  • 2010/08/09 10:00
  • 1/4ページ

 理系学生の就職に関する意識について,300人のTech-On!Campus読者に質問し,その答えを紹介する連載企画の第3回。今回は,どのような業界のどのような企業で働いてみたいのかについて,聞いてみました。

 前回の結果にあるように,理系学生に技術者・研究者を目指しているかを聞いたところ,何と85%の人が技術者・研究者を望んでいることが分かりました。では,具体的にどのような業界で働いてみたいのでしょうか(Q9)。

 結果は,「電子部品・半導体」が40.3%と意外にも(?)一番人気の高い業界ということとなりました。この問いに関しては回答数に制限をもうけていない,回答している学生の所属している学科が「電気・電子」」が多い(本連載の扉参照)などの影響もあるかもしれませんが,「民生用機器」(33.0%)や「自動車関連」(31.0%)といった世界を代表するようなセットメーカーが日本に存在するような業界を抑えています。もちろん,電子部品・半導体も日本メーカーが世界的に見て強い業界で,また収益性が高い企業もこの業界には多くあります。このような,どちらかというと縁の下の力持ち的な業界が学生からの注目が高く,そして若い血が入ることで技術力が高まれば,日本の技術力の底上げになるかもしれません

2位以下を見ると,30%前後に六つの業界が並びました。現在の環境問題を反映してなのか,「エネルギ・インフラ」(29.0%)が前述したような「民生用機器」や「自動車関連」と肩を並べているのが特徴的です。

Q9 どのような業界で働きたいですか。(いくつでも)
[画像のクリックで拡大表示]
【技術者塾】(7/11開催)
高収益への転換のカギ「品質コストマネジメント」

最小のコストで最大の品質を実現し、利益を生む品質管理への変革を成し遂げる


「品質コスト」は、統合的品質管理(TQC)や総合的品質管理(TQM)と同様に、製造業の成否を占う重要な手法として誕生しましたが、日本では注目されてきませんでした。本講座では、日本企業の組織風土に適した品質コストマネジメントを、豊富な事例とともに適否演習を活用しつつきめ細かく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月11日
会場 : 日本科学技術連盟 東高円寺ビル
主催 : 日経ものづくり、日本科学技術連盟

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓