• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメントTech-On!Campus読者300人に聞きました > 第2回・技術者として働くこと

Tech-On!Campus読者300人に聞きました

第2回・技術者として働くこと

  • 木村 知史=Tech-On!
  • 2010/08/02 20:36
  • 1/3ページ

 理系学生が,どのような業界でどのような職種で働いてみたいかなど就職に関する意識について,300人のTech-On!Campus読者に質問し,その答えを紹介する連載企画。今回は,技術者・研究者を希望しているのかなどについて,聞いてみました。

 学生時代に工学的な知識を身に付けた上で企業に勤めるといったとき,まず真っ先に思い浮かぶのは,昔も今も「メーカーの技術職」ではないでしょうか。では,そのような姿を,本当に望んでいるのか? それを明らかにするために,技術者・研究者を希望しているのかどうかについて聞いてみました(Q4)。

 結果は,「技術者・研究者以外は考えていない」が20.3%,「目指している」が44.7%,「どちらかというと目指している」が20.0%と,合計すると85%の人が,技術者・研究者を目指していることが分かりました。

Q4 “技術者・研究者(大学等の教育機関を除く)”を目指していますか
【技術者塾】(7/11開催)
高収益への転換のカギ「品質コストマネジメント」

最小のコストで最大の品質を実現し、利益を生む品質管理への変革を成し遂げる


「品質コスト」は、統合的品質管理(TQC)や総合的品質管理(TQM)と同様に、製造業の成否を占う重要な手法として誕生しましたが、日本では注目されてきませんでした。本講座では、日本企業の組織風土に適した品質コストマネジメントを、豊富な事例とともに適否演習を活用しつつきめ細かく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月11日
会場 : 日本科学技術連盟 東高円寺ビル
主催 : 日経ものづくり、日本科学技術連盟

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓