• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > 《日経Robo》4足歩行の配送ロボや犬のフン回収ロボも登場、ハードウエアスタートアップを育む米HAX

日経Robotics 2017年11月号

Cool Topic

《日経Robo》4足歩行の配送ロボや犬のフン回収ロボも登場、ハードウエアスタートアップを育む米HAX

  • 中田 敦=シリコンバレー支局
  • 2017/10/10 00:00
  • 1/2ページ

出典:日経Robotics、2017年11月号、pp.20-21(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 シリコンバレーでは今日も、新しいアイデアのロボットを世に問おうとするスタートアップが次々と生まれている。2017年9月13日に米サンフランシスコで開催された「HAX Demo Day」でも、2社のロボットスタートアップがデビューを果たした。4足歩行で移動する配送ロボットを開発する米Unsupervised AI社と、犬のフンを自動的に回収する掃除ロボットを開発する米Beetl Robotics社だ。

 イベントを開催した「HAX Accelarator」は、シリコンバレーのベンチャーキャピタル(VC)である米SOSV社が運営するハードウエアスタートアップのアクセラレーターだ。Unsupervised AI社、Beetl Robotics社とも、HAXの支援を受けてロボットのプロトタイプを開発し、HAXが投資家などを集めて開催したDemo Dayで、製品のデモを披露した。

おすすめ