• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > 《日経Robo》東芝らが福島原発3号機に水中ロボ投入へ、冷却水の中を遊泳しカメラで燃料デブリなど調査

日経Robotics 2017年8月号

Cool Topic

《日経Robo》東芝らが福島原発3号機に水中ロボ投入へ、冷却水の中を遊泳しカメラで燃料デブリなど調査

  • 長場 景子
  • 2017/07/10 00:00
  • 1/2ページ

出典:日経Robotics、2017年8月号、pp.28-29(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 2011年の事故以来、廃炉に向けた内部調査に向けて、各種のロボットが投入されてきた福島第一原子力発電所。事故で破損した1〜4号機のうち、これまでまだ炉心内部の様子が詳しく分かっていなかった3号機に2017年7月中旬、ロボットが入る。3号機の建設の主契約企業であった東芝が水中遊泳ロボット(ROV:remotely operated vehicle)を開発。これを投入する。

おすすめ

あなたにおすすめ