• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
特集

「カバープランツは除草対策で最も経済的」。緑地雑草科学研究所・理事に聞く(第5回・前半)

メガソーラービジネス・インタビュー

2017/05/24 05:00
金子憲治=日経BP総研 クリーンテック研究所
印刷用ページ
向かって左から、伊藤操子氏、佐治健介氏、長沼和夫氏、伊藤幹二氏

緑地雑草科学研究所(福井県鯖江市)で理事を務める伊藤幹二氏(マイクロフォレスト リサーチ代表)と伊藤操子氏(京都大学名誉教授)に、メガソーラー(大規模太陽光発電所)における雑草対策について聞く連載コラムの各論編(関連記事)。前回の「除草剤」に続き、「被覆植物(地被植物、カバープランツ)」を2回に分けて取り上げる。2回のうちの前半は伊藤両理事による被覆植物の概論。後半では、芝生に詳しい長沼和夫(ゾイシアンジャパン研究開室長)氏と、植栽シートに詳しい佐治健介(緑地雑草科学研究所・事務局長、白崎コーポレーション)氏が芝と植栽シートの詳細を解説する。

  • 記事ランキング