• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

お薦めトピック

いよいよ開幕、カンファレンスは立ち見の熱気

2015/09/30 13:10
小谷 卓也=日経デジタルヘルス

 「デジタルヘルスDAYS 2015」(主催:日経BP社、協力:日経デジタルヘルス)が開幕した。2015年10月2日まで東京ビッグサイトでカンファレンス・展示・オープンシアターが繰り広げられる。

 初日となる9月30日は、カンファレンスに東京大学 大学院医学系研究科医療経営政策学講座の山本隆一氏が登壇、「医療等IDと個人情報保護」と題して講演した。マイナンバー制度との関わりなど注目が高いテーマとあって、会場は立ち見が出るなど熱気にあふれていた。

カンファレンスの様子

 展示は、Continua Health Allianceの関連企業が一堂に展示する「Continua Plaza」にも注目が集まっている。

展示の様子。写真はContinua Plaza

 オープンシアターでは、トップバッターとして兵庫県立大学大学院の竹村匡正氏(応用情報科学研究科 応用情報科学専攻 ヘルスケア情報科学コース 准教授)が登壇。「2030年、情報化医療の未来」と題し、2030年の情報化医療に向けたシナリオを語った。

オープンシアターの様子

 デジタルヘルスDAYSの様子は、特設サイトに順次記事を掲載していく予定である。

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング