• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスNE用語 > Liイオン・キャパシタ

NE用語

Liイオン・キャパシタ

リチウムイオンキャパシタ

  • 2008/12/02 09:37
  • 1/1ページ

 電気2重層キャパシタの原理を使いながら,負極にLiイオンを添加することでエネルギー密度を向上させたキャパシタのこと。正極材料を用いた通常のキャパシタに比べてセルのエネルギーを3.5倍以上に高められる。正極は電気2重層による効果によって蓄電し,負極はLiイオン2次電池と同様にLiイオンの酸化還元反応に伴う蓄電効果を得ている。

 Liイオン・キャパシタのエネルギー密度が向上する理由は,セルの電圧と負極の静電容量が増加するためである。セルのエネルギー(E)は静電容量(C)とセルの電圧(V)から,E=1/2CV2と示せる。従来のキャパシタの電圧は2.5~3V程度だが,Liイオンを添加することで電圧が約4Vまで上昇する。

 一方,セルの静電容量は,正極の静電容量(C+)と負極の静電容量(C-)から,1/C=1/C++1/ C-と表せる。Liイオンを添加すると,負極に蓄えられる静電容量は従来の活性炭に比べて高まり,セル全体での静電容量は約2倍に増える。

図  Liイオン・キャパシタの蓄電の原理
図  Liイオン・キャパシタの蓄電の原理
[クリックすると拡大した画像が開きます]
【技術者塾】(5/17開催)
キャパシタ応用を広げるための基礎と活用のための周辺技術


省エネルギー社会に則した機器を、キャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月17日
会場 : BIZ新宿
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ