• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子設計DFM/SSTA用語辞典 > パス遅延相関

DFM/SSTA用語辞典

パス遅延相関

パスチエンソウカン

  • 2007/03/16 15:37
  • 1/1ページ
path correlation

 2つのパスが枝を共有した後分岐し再び合流するパス(再収斂パス,reconverging path)に存在する遅延の相関。同一パスを共有するので,ランダムばらつきしか存在しないものの,相関は考慮する必要がある。

 図においてパスAとパスBはセルAを共有している。いったん分岐した後,セルBにおいて合流している。この2つのパスはセルAを共有しているので,セルBでのMAX演算においてはパスの相関を考慮しなければならない。

【技術者塾】(6/3開催)
センサ情報活用のためのセンシングモデル化の基礎と応用


センサの活用のためには、センシング対象をいかにモデル化するかが技術構築の上で鍵となり、数理的・信号処理的や人工知能論的アプローチの活用が基本となります。本講演では、モデル化過程において幅広く使えるこれらのアプローチの基礎をできる限り実利用に沿う形で解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月3日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ