• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマカーエレ用語 > IPA

カーエレ用語

IPA

アイピーエー

  • 2006/03/27 20:30
  • 1/1ページ
intelligent parking assist

 トヨタ自動車が2003年9月に発表した新型「プリウス」に搭載した(Tech-On!の関連記事),縦列駐車や車庫入れ時のハンドル操作を補助する機構。

 ドライバーはクルマを停車させ,ナビのディスプレイに映し出された車両後方の画面で目標位置をカーソル操作で決める。そして後退し始めると,ステアリングが自動的に操作される。ドライバーは周囲の安全を確認しながらブレーキ操作をすればよい。

 IPAは,CCDカメラの画像データだけから距離を推定している。後退時などに物体の接近を知らせるセンサーは利用していない。唯一,リア・サスペンションのストロークから車高を計測するセンサの情報だけは利用している。これは荷物をたくさん積んで車高が下がると,画面上の白線の位置がずれてしまうため。画面上で数mmの違いが,実際の距離にすると数十cmの差になってしまうからだ。

 このシステムは,バック・モニタで駐車位置の目安を示してくれるアイシン精機の駐車アシスト・システムをベースに,電動パワー・ステアリング(EPA)とトヨタ製のソフトウエアを組み合わせたもの。IPA動作時のステアリング操作に電動パワー・ステアリングのアシスト用モータをそのまま使っており,ハードウエアの追加は必要なかった。

 なお,米国仕様のプリウスにIPAを搭載しなかったのは,米国は駐車スペースが広いため,需要がないとみてのことという。

IPAの操作画面
図1 IPAの操作画面
新型「プリウス」のIPAは,DVDナビやテレビ・チューナ,バック・ガイド・モニタとセットで23万円のオプションとして販売された。

【セミナー】(6/20、21開催)
第4回 車載Ethernetが変えるクルマの未来

自動運転時代のコア技術を知る


本格的な自動運転時代を迎えるにあたり、クルマが取り扱う情報量は爆発的に増えることに加えて、各ドメイン間での協調制御が重要になります。こうした背景の中、情報系だけでなく、制御系までもカバーできる、車載Ethernetに大きな注目が集まっています。
 本イベントでは、この車載Ethernetを中心に、次世代の車載ネットワークの動向をピックアップします。トヨタ自動車やドイツBMW社、デンソー、コンチネンタル・オートモーティブ・ジャパンをはじめ、国内外から第一線で活躍する講師を招聘して講演していただきます。
詳細は、こちら
日程 : 2016年6月20、21日
会場 : ソラシティ・カンファレンスセンター
主催 : 日経エレクトロニクス/日経Automotive

おすすめ