• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマカーエレ用語 > IPA

カーエレ用語

IPA

アイピーエー

  • 2006/03/27 20:30
  • 1/1ページ
intelligent parking assist

 トヨタ自動車が2003年9月に発表した新型「プリウス」に搭載した(Tech-On!の関連記事),縦列駐車や車庫入れ時のハンドル操作を補助する機構。

 ドライバーはクルマを停車させ,ナビのディスプレイに映し出された車両後方の画面で目標位置をカーソル操作で決める。そして後退し始めると,ステアリングが自動的に操作される。ドライバーは周囲の安全を確認しながらブレーキ操作をすればよい。

 IPAは,CCDカメラの画像データだけから距離を推定している。後退時などに物体の接近を知らせるセンサーは利用していない。唯一,リア・サスペンションのストロークから車高を計測するセンサの情報だけは利用している。これは荷物をたくさん積んで車高が下がると,画面上の白線の位置がずれてしまうため。画面上で数mmの違いが,実際の距離にすると数十cmの差になってしまうからだ。

 このシステムは,バック・モニタで駐車位置の目安を示してくれるアイシン精機の駐車アシスト・システムをベースに,電動パワー・ステアリング(EPA)とトヨタ製のソフトウエアを組み合わせたもの。IPA動作時のステアリング操作に電動パワー・ステアリングのアシスト用モータをそのまま使っており,ハードウエアの追加は必要なかった。

 なお,米国仕様のプリウスにIPAを搭載しなかったのは,米国は駐車スペースが広いため,需要がないとみてのことという。

IPAの操作画面
図1 IPAの操作画面
新型「プリウス」のIPAは,DVDナビやテレビ・チューナ,バック・ガイド・モニタとセットで23万円のオプションとして販売された。

48V化で変わるHEV勢力図
~日本は欧州の標準化に対抗できるのか~
Valeo社、Continental社、Infinion社など主要企業が講演


欧州メーカーが2016年に48Vのマイルドハイブリッド車(HEV)を実用化します。48V化する最大の狙いは、発電機で、エンジン駆動力をアシストできるようにすること。燃費が向上し、欧州の2021年規制(CO2排出量=95g/km)をクリアしやすくなります。一方の日本は、各社が200V程度の高電圧電源を搭載し、専用の駆動用モーターを配置する、本格的なストロングHEVで世界をリードしています。日本は欧州勢に対抗できるのか━━。今回のセミナーでは、48V規格の最新動向から、事例、HEV市場に与えるインパクトまで、多面的に迫ります。詳細は、こちら

日程 : 2016年5月24日
会場 : 関内新井ホール (横浜・関内)
主催 : 日経Automotive

おすすめ