• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器NE用語 > LVDS

NE用語

LVDS

エルブイディーエス

  • 2005/06/23 17:38
  • 1/1ページ
low voltage differential signaling

 数100Mビット/秒以上と高速の信号伝送を実現するために,振幅を数100mVに減らした入出力信号レベルの仕様である。低振幅としたことで雑音の影響を受けやすくなるが,シングル・エンド伝送ではなく差動伝送にして解決している。

 LVDSはもともと,電子機器内部の入出力信号レベルとして一般的だったCMOS/TTLに比べて,信号線の本数を減らすことなどを目的に開発された。例えば,RGBの各階調数が6ビット~10ビットのビデオ信号を伝送するために必要な信号線数は,CMOS/TTLの20本~40本から4対(データが3対,クロックが1対)~6対(データが5対,クロックが1対)に削減できるようになった。

 LVDSの主な用途は,通信機器やPDP,液晶パネル向けのデジタル・インタフェースなどである。最近では,映像の色再現性の広さを謳い文句としたPDPテレビが,内部バスの信号線の本数を減らせるLVDSを採用する例が増えている。

 2004年秋には,入出力信号レベルの仕様にLVDSを採用しながら,信号線の数を従来より大幅に減らすことが可能なシリアル・インタフェース技術「V-by-One」を,ザインエレクトロニクスが開発した。従来のLVDSコントローラICでは別々に伝送していたデータ信号とクロック信号を多重化することなどで,1対の信号線でRGB各6ビット~10ビットのデータ伝送を実現する。映像信号を5m~10mといった少し離れた地点に伝送する用途を狙う。

各種入出力信号の仕様比較
図 各種入出力信号の仕様比較
2001年6月18日号より抜粋)

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓