デバイス 半導体や電子部品を使い倒す
 

ARMのIoT戦略(下)

アーム 代表取締役社長 内海弦氏

日経BP半導体リサーチ
2014/08/08 00:00
印刷用ページ

2014年3月に開催した日経BP社主催セミナー「世界半導体サミット@東京 ~IoT時代の半導体成長戦略~」から、アーム 代表取締役社長 内海弦氏の講演を日経BP半導体リサーチがまとめた。今回は3回連載の最終回である。前回の第2回ではIoTのポテンシャルを発揮させるための重要要素である小型化やセキュリティーを紹介した(第1回第2回)。今回は重要要素である、IoTの開発における標準化の必要性や、開発コミュニティづくりを説明する。(日経BP半導体リサーチ)

_______________________________________________________________________________

共通言語としての標準化


 IoTにおける標準化の是非や、標準化するとしてもそれは本当にオープンなものなのかという議論もある。例えばAndroid OSを使っていたらオープンかというと、それは違う。アプリケーションはバイナリーの形で流通するが、セットごとにシステムアーキテクチャーは異なるため、バイナリーで互換性が保たれる部分はほんの少しにすぎない。

 一方、標準化した方がいい点もある。例えばARM系プロセッサーの場合、カーネル自体は共通に近い形になるよう最適化することによって、アーキテクチャーやセットが違っても提供できるようになっている。さらに、Linux系のさまざまなバージョン、あるいはサポートベンダーによる実装に対して、根幹の技術を共通化することでコストを抑えられる上、最適化しやすくなり、パワー効率も上げられる。ハイパースレッティングなどのバーチャライゼーション用ソフトウエアも共通化して共有する。そういった部分における標準プラットフォームとしても、ARMプロセッサーは適している。

 そのほか、我々はZigBeeやOMAといったさまざまな規格に参加し、プロセッサーベンダーとして注意したいところや、必要と思われるところには最大限のサポートを行っている。

 さらに、「Sensinode」という技術の提供も始めた。同技術はフィンランドSensinode社の買収により、獲得した。これはIoT向けの技術だが万能ではなく、これがなければIoTが成り立たないというわけではない。しかし、IoTの浸透と拡大におけるかなりの部分の助けになるものだ。

ここから先は日経テクノロジーオンライン有料会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の「有料会員に申し込む」ボタンをクリックして、申し込み手続を完了させてからご参照ください。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング