お薦めトピック

世界初の「動体追跡+スポットスキャニング」、北大病院陽子線治療センターの竣工披露式・開所式が開催

北海道大学と日立製作所の共同開発で実現

2014/03/18 08:00
小谷 卓也=日経デジタルヘルス

 北海道大学と日立製作所は2014年3月17日、北海道大学病院陽子線治療センターの竣工披露式・開所式を開催した。同センターは、国家プロジェクト「最先端研究開発支援プログラム(FIRST)」の採択を2010年に受け、両者が共同で開発を進めてきた新型の陽子線がん治療システム「PROBEAT-RT」を導入した施設である(関連記事)

北海道大学病院陽子線治療センターの外観
[画像のクリックで拡大表示]
竣工披露式でのテープカットの様子
[画像のクリックで拡大表示]

中心研究者の白土氏が抱負

 竣工披露式・開所式には、FIRSTプログラムの中心研究者で、北海道大学大学院 医学研究科 教授の白土博樹氏が出席。「この新たな装置によるがん治療を待っている患者がいる。今までの治療法では難しかったがん治療を、まずはこの地で実施していき、今後は世界にも発信していきたい」と語った。

 第1号の患者は、2014年3月19日に治療する予定。「個人情報のため詳細は明かせないが、骨軟部組織腫瘍の患者」(白土氏)だという。

北海道大学大学院 医学研究科 教授の白土博樹氏
[画像のクリックで拡大表示]
日立製作所 取締役会長の川村隆氏
[画像のクリックで拡大表示]

 竣工披露式・開所式には、治療装置を共同開発した日立製作所から同社 取締役会長の川村隆氏も出席。「我々は今、ヘルスケア事業を強化する方針を打ち出している。2014年3月1日には日立メディコのTOBを完了した他、同年4月にはヘルスケアグループを新設する。この陽子線がん治療装置の事業もその大きな柱となるものだ」と述べた(関連記事)

【日経デジタルヘルス・セミナー】

次世代がん診断サミット2015
~「超早期」への破壊的イノベーション、始まる~


1滴の血液や尿、呼気などといった容易に取得できる生体試料からがんの兆候を捉えるといった破壊的イノベーションの最新動向や、それらのイノベーションがもたらす医療のパラダイムシフトなどについて一望できるプログラムを用意しました。詳細はこちら

日時:2015年9月2日(水)10:00~17:00
会場:富士ソフト アキバプラザ(東京・秋葉原)

お知らせ

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング