EDA・ソフトウエア 強いLSIやボードを設計するための
 

ルネサス、マイコンの低電力化設計をパワー・フォーマット「CPF」で円滑に

小島 郁太郎=Tech-On!編集
2013/08/21 20:57
印刷用ページ

 ルネサス エレクトロニクスは、パワー・フォーマット「CPF:Common Power Format」を活用することで、マイコンの低電力設計を円滑に進めている。パワー・フォーマットは、各種低電力化技術を設計に取り込むためのデータ形式である(Tech-On! 改訂版EDA用語辞典)。

図1●講演する江崎尚英氏
日本ケイデンス・デザイン・システムズが撮影。スクリーンはルネサスのスライド。
[画像のクリックで拡大表示]
図2●多電源ハードマクロ
ルネサスのスライド。
[画像のクリックで拡大表示]
図3●CPFマクロモデルの効用
上が同モデルなし。下があり。ルネサスのスライド。
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は、今回の件について、「CDNLive Japan 2013」(日本ケイデンス・デザイン・システムズ社とイノテックが、2013年7月19日に横浜市で開催)で講演している。登壇したのは、同社の江崎尚英氏(第一事業本部システムインテグレーション事業統括部デザインオートメーション部 技師)である(図1)。ルネサス(当時はNECエレクトロニクス)はCPFの策定時からかかわるなど(Tech-On!関連記事)、長くCPFを活用してきた。

複雑な「多電源マクロ」にCPFを適用

 これまでCPFの適用はASICなどで多く、その際には、アイソレーション・セルやレベル・シフター、レギュレータ、電源オン/オフ・スイッチといった低電力設計向けの部品/回路は、ハードマクロの外側にあることが一般的だった。一方、マイコンの場合、多品種を短時間に設計することが重要なため、ハードマクロが大規模になることが多く、その結果として低電力設計向けの部品/回路はハードマクロ内部に含まれる。

 内部に低電力設計向けの回路/部品を含む複雑なハードマクロを「多電源ハードマクロ」と呼び(図2)、今回その多電源ハードマクロの低電力設計情報を「CPFのマクロモデル」として定義した。このCPFのマクロモデルをチップ・レベルの低電力設計で利用することで、例えば、低電力部品/回路の重複や欠損を防ぐことが可能になり(図3)、低電力設計が最適化すると共にその設計の検証の確度も向上する。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング