• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子設計 > ルネサス、マイコンの低電力化設計をパワー・フォーマット「CPF」で円滑に

ルネサス、マイコンの低電力化設計をパワー・フォーマット「CPF」で円滑に

  • 小島 郁太郎=Tech-On!編集
  • 2013/08/21 20:57
  • 1/2ページ

 ルネサス エレクトロニクスは、パワー・フォーマット「CPF:Common Power Format」を活用することで、マイコンの低電力設計を円滑に進めている。パワー・フォーマットは、各種低電力化技術を設計に取り込むためのデータ形式である(Tech-On! 改訂版EDA用語辞典)。

図1●講演する江崎尚英氏
日本ケイデンス・デザイン・システムズが撮影。スクリーンはルネサスのスライド。
[画像のクリックで拡大表示]
図2●多電源ハードマクロ
ルネサスのスライド。
[画像のクリックで拡大表示]
図3●CPFマクロモデルの効用
上が同モデルなし。下があり。ルネサスのスライド。
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は、今回の件について、「CDNLive Japan 2013」(日本ケイデンス・デザイン・システムズ社とイノテックが、2013年7月19日に横浜市で開催)で講演している。登壇したのは、同社の江崎尚英氏(第一事業本部システムインテグレーション事業統括部デザインオートメーション部 技師)である(図1)。ルネサス(当時はNECエレクトロニクス)はCPFの策定時からかかわるなど(Tech-On!関連記事)、長くCPFを活用してきた。

複雑な「多電源マクロ」にCPFを適用

 これまでCPFの適用はASICなどで多く、その際には、アイソレーション・セルやレベル・シフター、レギュレータ、電源オン/オフ・スイッチといった低電力設計向けの部品/回路は、ハードマクロの外側にあることが一般的だった。一方、マイコンの場合、多品種を短時間に設計することが重要なため、ハードマクロが大規模になることが多く、その結果として低電力設計向けの部品/回路はハードマクロ内部に含まれる。

 内部に低電力設計向けの回路/部品を含む複雑なハードマクロを「多電源ハードマクロ」と呼び(図2)、今回その多電源ハードマクロの低電力設計情報を「CPFのマクロモデル」として定義した。このCPFのマクロモデルをチップ・レベルの低電力設計で利用することで、例えば、低電力部品/回路の重複や欠損を防ぐことが可能になり(図3)、低電力設計が最適化すると共にその設計の検証の確度も向上する。

【技術者塾】(5/26開催)
シミュレーション要らずの熱設計・熱対策

~熱を電気回路に見立てて解析、演習で応用力アップ~


本講演を受講すると、シミュレーションに頼らない実践的な熱対策・熱設計ができるようになります。演習を通して実際に熱を解析し、熱設計への理解を深められます。現場で応用できる熱解析ツールを自分で作成できるようになります。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月26日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ