• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新 > TRIZの発明原理を覚えやすく、ソニーの高木氏が考案した40のシンボル

TRIZの発明原理を覚えやすく、ソニーの高木氏が考案した40のシンボル

  • 富岡 恒憲=Tech-On!編集
  • 2012/09/24 08:00
  • 1/1ページ
 アイデア発想や課題の真因究明などを支援する手法であるTRIZ。その発明原理を覚えやすくするための工夫の1つとして、ソニー半導体事業本部品質信頼性部門品質企画部品質企画課TRIZ推進係アイデアクリエータの高木芳徳氏が提案しているのが図案化(シンボル化)である(関連記事)。ここでは、同氏が考案した40のシンボルと覚え方を紹介する。
【技術者塾】(8/25開催)
シンプルで強力なFMEAとDR

現場の技術者にとって使いやすい、シンプルな新FMEA「3D-FMEA」の作成方法と有効な活用方法、そして審査方法を指導します。


会場 :御茶の水トライエッジカンファレンス

【技術者塾】(8/26開催)
シンプルで強力なFTA

優れた技術者が持つ「匠のワザ」を押さえた上で、シンプルで強力なFTA「3D-FTA」を学びます。


会場 :御茶の水トライエッジカンファレンス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓