• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新 > TRIZの発明原理を覚えやすく、ソニーの高木氏が考案した40のシンボル

TRIZの発明原理を覚えやすく、ソニーの高木氏が考案した40のシンボル

  • 富岡 恒憲=Tech-On!編集
  • 2012/09/24 08:00
  • 1/1ページ
 アイデア発想や課題の真因究明などを支援する手法であるTRIZ。その発明原理を覚えやすくするための工夫の1つとして、ソニー半導体事業本部品質信頼性部門品質企画部品質企画課TRIZ推進係アイデアクリエータの高木芳徳氏が提案しているのが図案化(シンボル化)である(関連記事)。ここでは、同氏が考案した40のシンボルと覚え方を紹介する。
【技術者塾】(9/28開催)
データの意味が分かり、次を予測できる「多変量解析」入門

解析ソフトを用いて実践演習しながら理解する


測定したデータからその意味が分かり、次にどうなるかを予測できる「多変量解析」の考え方とその方法を学習します。パソコンを使った演習により、具体的な実施方法を体得することで実践力を身に付けることができます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年9月28日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ