• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新 > 替え歌やシンボル化でTRIZの発明原理を覚えやすく

替え歌やシンボル化でTRIZの発明原理を覚えやすく

  • 富岡 恒憲=Tech-On!編集
  • 2012/09/07 16:27
  • 1/1ページ
 アイデア発想や課題の真因究明などを支援する手法であるTRIZに関する国際会議「第8回 TRIZシンポジウム 2012」が早稲田大学(東京・新宿区)で開催され、コンファレンスの初日となる2012年9月7日には、習得が難しいとされるTRIZの発明原理を覚えやすくする工夫が紹介された。その方法を紹介したのが、韓国eTRIZのJeongho Shin氏やソニーの高木芳徳氏である。
【技術者塾】(6/9開催)
「製品の差異化」はこれでうまくいく

~顧客ニーズと設計のギャップを埋める技術~


実務経験豊富な講師が、優れた「製品の差異化」を実現する具体的な方法を解説します。また、この取り組みの骨格とも言えるQFD(Quality Function Deployment:品質機能展開)のうまいやり方、コツを分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年6月9日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ