家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【3DS LL分解その1】買ってきた

日経エレクトロニクス分解班
2012/07/28 13:49
印刷用ページ
図1 3DS LLを購入
図1 3DS LLを購入
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図2 開封
図2 開封
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図3 説明書などが入った袋が見える
図3 説明書などが入った袋が見える
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図4 説明書類が入った袋の口は開いている
図4 説明書類が入った袋の口は開いている
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 2012年7月28日朝。予約していた「ニンテンドー3DS LL」を引き取りに量販店に向かうと、開店時間の15分前だというのに、既に開店していた。店員に聞くと、「行列ができていたので、少々早めに店を開きました」とのこと。筆者が到着した頃は、その行列はなく、レジですぐに3DS LLを引き取ることができた(図1)。見たかったな行列。いや、むしろ並びたかった。

 そのまま編集部に戻り、さっそく開封する(図2)。3DS LLを収めた箱は、思いのほか小さい。ACアダプターをはじめ、各種周辺機器を省いているからだろう。なるべく箱を小さくし、運送コストを削減する狙いもありそうだ。

加えて、箱自体のコストを下げる工夫もみられる。3DSを収めた箱の表面は光沢があり、高級感があった。一方、3DS LLの箱は、一般的なダンボールで光沢はなかった。

 開封すると、説明書類が入った袋が目に飛び込んできた(図3)。よくみると、その袋は開いたままだ。テープなどで止められていない(図4)。これも、コスト削減の一環なのだろうか。

 説明書類が入った袋を取り出し、薄い袋に入った3DS LL本体を取り出す。これで、箱の中身は全部だ。つまり、説明書類を納めた箱と3DS LL本体しかない。付属のSDメモリーカードは、もともと3DS LLに内蔵してあった。

 さっそく電源を入れてみる。

続きはこちら
【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング