• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 【3DS LL分解その2】大きいことはいいことだ

【3DS LL分解その2】大きいことはいいことだ

  • 日経エレクトロニクス分解班
  • 2012/07/28 13:52
  • 1/1ページ
図1 初期設定を行う
図1 初期設定を行う
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図2 プリインストールされている3D動画。画面が大きいだけに迫力がある
図2 プリインストールされている3D動画。画面が大きいだけに迫力がある
[クリックすると拡大した画像が開きます]

前回はこちら

 3DS LLの電源を入れ、初期設定を済ます(図1)。この時点で、大きくなった裸眼3Dディスプレイの迫力に少々感動した。3DS LLにプリインストールされている3D動画を見た同僚は、「やっぱり大きいことはいいことだ」と満足げだ(図2)。ちなみに同僚と筆者は、いずれも3DSユーザーである。

 上側の筐体右側にある「3Dボリューム」を上げ下げすることで、立体感を調整する。3Dボリュームを下げるほど、立体感は弱まり、一番下に行くと、通常の2D映像になる。この機能は3DSと同じだが、3Dボリュームの構造に少々違いがある。3DS LLの場合、3Dボリュームを下げると、途中で「ストッパー」のようなものに引っかかり、一番下までいかない。そこで力を少し入れて3Dボリュームを下げると一番下まで行き、2D映像に切り替わる。これは、立体感を弱めたいにもかかわらず、意図せず2D映像に切り替わってしまうことを防止する措置だ。3DSの場合は、ストッパーのようなものはなく、3Dボリュームを簡単に一番下にまで移動できたので、意図せずに2D映像に切り替わることがあった。

 はやる気持ちを抑えられず、さっそく分解に着手する。

続きはこちら
【技術者塾】(5/26開催)
シミュレーション要らずの熱設計・熱対策

~熱を電気回路に見立てて解析、演習で応用力アップ~


本講演を受講すると、シミュレーションに頼らない実践的な熱対策・熱設計ができるようになります。演習を通して実際に熱を解析し、熱設計への理解を深められます。現場で応用できる熱解析ツールを自分で作成できるようになります。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月26日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ