EDA・ソフトウエア 強いLSIやボードを設計するための
 

FPGA設計の高位合成の適用で池上通信機が講演、記述方法を決めて導入の敷居を下げる

小島 郁太郎=Tech-On!
2012/05/25 19:52
印刷用ページ

 放送機器などを手がける池上通信機は、映像機器向けのFPGA設計に米Cadence Design Systems, Inc.の高位合成ツール「C-to-Silicon Compiler」を適用した(Tech-On!関連記事)。高位合成導入の背景や、導入を円滑にする方法、導入の効果などについて、池上通信機のエンジニアが語った。

 この講演は、日本ケイデンス・デザイン・システムズとイノテックが2012年5月18日に新横浜で開催した「ケイデンス C-to-Silicon Compilerセミナー 2012」で行われた。登壇したのは、池上通信機の前里真一氏(開発本部 開発2部 グループ1 課長)である。同氏によれば、以前は、放送機器向けの画像処理回路はASIC化することが多かったが、最近では、FPGAに実装するケースが増えている。半導体プロセスの微細化が進みASICの開発コストが急騰する一方で、FPGAが大規模化して同回路を実装できるようになったからである。

最終段階ですべてを検証していた

図1●RTLのFPGA設計の課題を語る前里真一氏
Tech-On!が撮影。スクリーンは池上通信機のスライド。
[画像のクリックで拡大表示]

 ASICを開発してきた経緯があるため、FPGAのRTL設計は難なくこなせるエンジニアは多い。ただし問題がないわけではない(図1)。例えば、仕様段階の検討を十分すませないうちに、いきなりRTLコードを書いてしまう。C言語を使って仕様を記述し、それを検証するのが理想論だが、2度手間と敬遠するエンジニアは多い。

 それでもRTL設計段階で検証すればいいが、RTLでもソフトウェアの論理シミュレーションでは処理時間がかかる。となると、論理シミュレーションで十分検証していないRTL設計をFPGAに実装し、直接実行して検証することになる。直接実行で問題がなければ良いが、普通はそうならない。問題が見つかると、仕様が悪いのか、RTL設計が悪いのか、実行したFPGAを含むシステムが悪いのかが分からない。

 さらに、設計の再利用でも問題があった。他人の書いたRTLは純粋な機能記述ではないため、理解するのが大変。すると、そのまま使うことになる。これだと、例えば、実装先のFPGAが変わってもそれに合わせて最適されないまま再利用される。新機能を備えたFPGAの実力が引き出せないことになる。こうした問題はFPGA導入によって発生しがちで、それが池上通信機でも起こっていた。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング