ディスプレー パネルの製造装置・部品から応用先までカバー
 

【KES】写真で見るLGブース、3D三昧

松枝 洋二郎=台湾AU Optronics社
2011/10/18 20:30
印刷用ページ

 10月12~15日に開催された韓国のエレクトロニクス関連の展示会「韓国電子展KES(Korean Electronics Show)」の写真レポート。前回のSamsungのブースに続き、今回はLGのブースについて報告する。

 LGの展示コーナーは3次元(3D)コンテンツで埋め尽くされていた。基調講演でもLGが3D市場開拓に力を入れていることは十分伝わってきたが、展示コーナーでは3Dに親しんでもらうための様々な工夫がなされていて面白かった。3Dテレビ市場が伸び悩んでいる中で、LGの戦略はかなり強気ではあるが、コンテンツ普及のためにも力強く関連企業に働きかけていってほしいと思う。

LGのブース
[画像のクリックで拡大表示]

ブース中央正面にあるLEDを用いた大型3Dスクリーン
広い会場の中でも十分存在感がある。
[画像のクリックで拡大表示]

大型3Dスクリーンを近づいて見たところ
32×32ドットのLEDモジュールを組み合わせている。左右の映像は千鳥状に配置されている模様。
[画像のクリックで拡大表示]

対戦型3Dレースゲーム
説明員の方も真剣に相手をしていて、2人ともとても楽しそうだった。今回LGは対戦型や人の動作認識型の3Dゲームを多数展示していたが、参加者達はかなり没入感を楽しめたようである。1台のテレビで家族が対戦プレイできる3Dゲームは、筆者も十分ニーズがあると思う。
[画像のクリックで拡大表示]

スマートテレビの3D利用例
LGはスマートテレビも充実した3Dコンテンツで見てほしいとアピールしている。左側はLGの提供する3D映像を含む音楽視聴サービスだと思われる。Sky Life社は韓国で有名なデジタル・テレビ配信会社で既に3D番組を多数放送している。右から2番目の映像は2Dコンテンツを3D変換して表示したもの。右側は3D映画である。
[画像のクリックで拡大表示]

2名で協力して遊ぶシューティング・ゲーム
昔ゲームセンターで流行った「ジュラシックパーク」を思い出す。3Dゲームの展示はどこも大賑わいであった。
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング