COLLEGE 製造業の“本当”を探求
 

【3DS分解5】予想外に開けにくい筐体上側,まずはカメラ・モジュールを見る

日経エレクトロニクス分解班
2011/03/01 12:00
印刷用ページ
図1 粘着テープで貼り合わされている筐体を,力任せに引き剥がしていく
図1 粘着テープで貼り合わされている筐体を,力任せに引き剥がしていく
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図2 筐体のカバーを剥がしたところ
図2 筐体のカバーを剥がしたところ
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図3 裸眼3D対応の液晶パネル
図3 裸眼3D対応の液晶パネル
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図4 カメラ・モジュール(外側の2個)
図4 カメラ・モジュール(外側の2個)
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図5 カメラ・モジュール(内側の1個)
図5 カメラ・モジュール(内側の1個)
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図6 3個のCMOSカメラを一体化
図6 3個のCMOSカメラを一体化
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 「ニンテンドー3DS」のメイン基板を観察し終えた日経エレクトロニクス分解班(分解その4)。続いては,裸眼3D液晶が格納されている筐体上側の分解を進めていく。

 筐体上側をぐるっと見渡したところ,ネジは見当たらない。樹脂製のカバーの下に隠れているということもなさそうだ。どうやら,両面テープを用いて筐体を貼り合わせているとみられる。

 筐体およびその内部の部品を傷つけないように,マイナス・ドライバーを挿し込み両面テープを引き離していく。想像以上に粘着力があり,防水機能が備わった携帯電話機のようだ(ソーラー・ケータイの分解記事)。最終的にはやや力任せとなったが,なんとか筐体を引き離すことに成功した。

 早速,裸眼3D対応の液晶パネル・モジュールを取り外す。が,その解析は,下側のタッチ・パネル付き液晶パネル・モジュールと同様,後回しにすることに。まずは,カメラ・モジュールを観察する。3DSは,「ニンテンドーDSi」に比べ,カメラ機能が向上している。3D写真の撮影に向け,筐体の外側に2個のカメラを備える。筐体の内側にも1個のカメラを備えている。カメラの画素数は,いずれも30万(640×480画素)である。

 搭載するカメラ・モジュールは,30万画素のCMOSカメラ・モジュールが3個一体化したものだった。フレキシブル基板には雑音対策とみられる導電性ペーストのコーティングが施されている。これは,2個のCMOSカメラ・モジュールを一体化していたDSiと大きく変わらない(DSiの分解記事)。

 想像以上にシンプルな構成だったカメラ・モジュール。最後は,上下の筐体に格納されていた2枚の液晶パネルを分解していく。

――最終回に続く――

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング