家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

AppleがiPodシリーズを一新,厚さ7.2mmのiPod touchも登場

Phil Keys=シリコンバレー支局
2010/09/02 10:45
印刷用ページ
新iPodシリーズを紹介するSteve Jobs氏
新iPodシリーズを紹介するSteve Jobs氏
[クリックすると拡大した画像が開きます]
新型iPod touchの重要な新機能
新型iPod touchの重要な新機能
[クリックすると拡大した画像が開きます]
新型iPod touchの厚さ
新型iPod touchの厚さ
[クリックすると拡大した画像が開きます]
新型iPod nano
新型iPod nano
[クリックすると拡大した画像が開きます]
新型iPod shuffle
新型iPod shuffle
[クリックすると拡大した画像が開きます]
iTunes 10の「Ping」機能の様子
iTunes 10の「Ping」機能の様子
[クリックすると拡大した画像が開きます]
新型iPod touchからもPingを利用できる
新型iPod touchからもPingを利用できる
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 米Apple Inc.は,iPodシリーズの新製品を,同社が2010年9月1日に米サンフランシスコで開催したイベントで発表した。「iPod shuffle」(発表資料)や「iPod nano」(発表資料),「iPod touch」(発表資料)のそれぞれで新機種を用意した。「毎年,我々はiPodを改善すると表明してきたが,今年はかなり頑張った」(同社,CEOのSteve Jobs氏)。

 今回の新iPodシリーズの目玉は,新型iPod touchである。Apple社によると,iPod touchはiPod製品群の中で最も販売台数が多いという。Apple社は従来のiPod touch製品と同様,今回のiPod touchを最新のiPhoneと似た仕様にした。このため新型iPod touchはiPhone 4(Tech-On!関連記事)と同様に,「A4」マイクロプロセサや3.5型「Retina」ディスプレイ,3軸ジャイロ・スコープ,同社の「FaceTime」動画会議サービスに向けたイメージ・センサなどを搭載する。Jobs氏は,新型iPod touchの7.2mmという薄さを自慢した。iPhone 4の厚さは9.3mmである。新型iPod touchは,2010年9月中に米国市場で229米ドル(8Gバイト),299米ドル(32Gバイト),399米ドル(64Gバイト)の価格で販売するという。

 Apple社は,新型iPod nanoに1.54型のタッチスクリーンを搭載して,同社の「Multi-Touch」ユーザ・インターフェースに対応させた。従って,従来のiPod nanoで用いていた「クリックウィル」の操作装置を外した。さらに,新型iPod nanoでは衣服などに付けるためのクリップも搭載した。これによって,新型iPod nanoの寸法は37.5mm(高)x40.9mm(幅)x8.78mm(厚)となった。iPod nanoは米国市場で2010年9月中に149米ドル(8Gバイト)や179米ドル(16Gバイト)の価格で販売する。一方で新型iPod shuffleは,旧世代の製品で用いていた操作ボタンを復活させた。「ユーザーは明らかにボタンが恋しかったようだ」(Jobs氏)。新型iPod shuffleは,米国市場で2010年9月中に49米ドル(2Gバイト)で販売する。

「iTunes 10」にSNS機能

 新型iPodシリーズと同時に,Apple社はiTunesソフトウエアの新バージョン「iTunes 10」も公開した(発表資料)。新バージョンの機能の中,最も注目を集めたのは「Ping」と呼ぶ音楽コンテンツSNS(social network service)機能である。Jobs氏は,現在iTunesで1200万以上の曲を扱っているため,ユーザーが好みの新しい曲を見つけることが困難になっていると指摘した。Pingによって,ユーザーの友達や知り合いを通して,新しい音楽と知り合うことが容易になることを期待しているという。

 Pingを用いれば,iTunesのユーザーは他のiTunesユーザーやアーティストをフォローすることができる。これを通して,ユーザー同士がiTunesからダウンロードされた音楽を公開したり,曲を推薦したりといった情報交換ができる。iTunes 10は2010年9月1日から無償でダウンロードできる。

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング