家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

Appleが「iPhone 4」を正式発表,960×640画素のディスプレイや動画会議機能を搭載

Phil Keys=シリコンバレー支局
2010/06/08 10:18
印刷用ページ
iPhone 4を紹介するSteve Jobs氏
iPhone 4を紹介するSteve Jobs氏
[クリックすると拡大した画像が開きます]
黒と白で販売するiPhone 4。白バージョンで見える上の部分の黒点は,イメージ・センサ。その右上で「箱」状に見えるのが近接センサ。端末の高さは115.2mm,幅は58.6mm,重量は137g。
黒と白で販売するiPhone 4。白バージョンで見える上の部分の黒点は,イメージ・センサ。その右上で「箱」状に見えるのが近接センサ。端末の高さは115.2mm,幅は58.6mm,重量は137g。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
Retinaディスプレイで表示しているオンラインの新聞記事
Retinaディスプレイで表示しているオンラインの新聞記事
[クリックすると拡大した画像が開きます]
FaceTime動画会議の実演
FaceTime動画会議の実演
[クリックすると拡大した画像が開きます]
FaceTimeが採用する技術
FaceTimeが採用する技術
[クリックすると拡大した画像が開きます]
Apple社が公開したiPhone 4内蔵の部品
Apple社が公開したiPhone 4内蔵の部品
[クリックすると拡大した画像が開きます]
iPhone 4の外バンドはアンテナとして機能する
iPhone 4の外バンドはアンテナとして機能する
[クリックすると拡大した画像が開きます]
iPhone 4の電池寿命
iPhone 4の電池寿命
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 「iPhone 4は我々にとって,最初のiPhone以降で最も重要な一歩だと思っている」。米Apple Inc.,CEOのSteve Jobs氏が同社の新iPhoneモデル「iPhone 4」を正式に発表した(発表資料)。同社が米国サンフランシスコ市で開催中の開発者会議「Apple Worldwide Developers Conference 2010(WWDC)」におけるJobs氏の基調講演で発表した。

 iPhone 4は,16Gバイトおよび32Gバイトのフラッシュ・メモリ搭載の2機種で発売する。16Gバイト品の米国価格は199米ドル,32Gバイト品は299米ドルとなる。米国で使うには,米AT&T Inc.と2年間の契約を結ぶ必要がある。iPhone 4は2010年6月24日から米国やドイツ,英国,フランス,日本で同時発売する予定。2010年9月までに88カ国に拡大する予定である。「これは,我々として最も速い製品導入ペースである」(Jobs氏)。

960×640画素の「Retinaディスプレイ」

 Apple社は同携帯電話機に搭載するOS「iOS 4(旧名iPhone OS 4)」の主な機能を既に発表している(Tech-On!関連記事)。iPhone 4は同社製タブレット端末「iPad」と同様に,Apple社製の「A4」マイクロプロセサを採用する。厚さ9.3mmのiPhone 4は,表面と裏面に強化されたアルミノケイ酸ガラスを採用し,バンド部には強化されたステンレス鋼(バンド部)を用いる。

 基調講演で,Jobs氏はiPhone 4に搭載した「Retina」と呼ぶディスプレイ技術を強調した。iPhone 4はLEDバックライトやIPS(in-plane switching)を採用する3.5型の液晶ディスプレイを利用している。326ppi(pixels per inch)が可能になり,テキストや写真を高画質で表示できるとApple社は主張する。

 iPhone 4ではこのほか,3軸ジャイロ・スコープや500万画素のイメージ・センサ,LEDフラッシュを備える。このイメージ・センサを利用することで,iPhone 4では720pのHDTV動画を撮影できる。Apple社はiPhone向けの動画編集ソフトウエア・アプリケーション「iMovie」も4.99米ドルで発売する。

オープンにする予定の「FaceTime」動画会議技術

 iPhone 4では,携帯電話機の表面にイメージ・センサを搭載する。同社は,この機能を利用する「FaceTime」と呼ぶ動画会議のサービスも提供する。当初はiPhone 4のユーザーと無線LANの接続下で利用可能にすることで,ユーザーが簡単に動画会議を行えるとApple社は主張する。

 しかし,Apple社は同社製品のみで動画会議を行うことがユーザーにとってFaceTimeの魅力を損なうことを認識しているだろう。このため,Jobs氏は基調講演でFaceTimeを業界にオープンにすると述べた。当記事の執筆時点でこの詳細情報は未公開である。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング