技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

「新規参入を妨げた覚えはない」,公取委の排除措置命令にJASRACが反論

大森 敏行=日経エレクトロニクス
2009/03/02 10:20
印刷用ページ
JASRAC理事長の加藤衛氏
JASRAC理事長の加藤衛氏
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 公正取引委員会は2009年2月27日,日本音楽著作権協会(JASRAC)が独占禁止法第3条(私的独占の禁止)に違反しているとして排除措置命令を行った(公取委の報道発表資料PDFTech-On!の関連記事1Tech-On!の関連記事2Tech-On!の関連記事3)。これに対しJASRACは同日,会見を開いて反論し,命令を不服として審判の請求を行うことを明らかにした(JASRACのプレスリリース)。

 公取委によると,JASRACが放送事業者と結んでいる包括契約では,放送で使われた音楽著作物の総数に占めるJASRAC管理楽曲の割合が反映されていないという。このため,放送事業者がJASRAC以外の音楽著作権管理業者に放送使用料を支払う場合には,その分だけ放送事業者が負担する使用料の総額が増加することになるとしている。これに対し,JASRAC理事長の加藤衛氏は「公取委の認識は誤っている。JASRACが受け取っている使用料には,JASRAC以外の管理事業者の管理楽曲の使用料は含まれておらず,何ら問題ない」と反論する。実際にJASRACが放送事業者から受け取っているのは,放送事業に関わる収入から経費などを差し引いたものに1.5%をかけた金額であり,この金額をどう解釈するかで見解が分かれた格好だ。

 現時点では,公取委がJASRACにどのような使用料の徴収方法を求めているのかがはっきりしないため,同年3月2日に公取委から詳しい説明を受けるという。そのうえで,審判の請求を行う予定だ。場合によっては,訴訟も辞さない覚悟だという。ただし,公取委の排除措置命令は既に発効しているため,「命令には従う」(JASRAC顧問弁護士の矢吹公敏氏)としている。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング