• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント > JASRAC,独禁法違反の疑いで公取委の立ち入り検査を受ける

JASRAC,独禁法違反の疑いで公取委の立ち入り検査を受ける

  • 大森 敏行=日経エレクトロニクス
  • 2008/04/23 13:11
  • 1/1ページ

 公正取引委員会は2008年4月23日,独占禁止法違反の疑いで日本音楽著作権協会(JASRAC)に立ち入り検査した。

 NIKKEI NETの記事によると,放送事業者とJASRACは,放送事業者が音楽放送事業の収入の1.5%を支払うことでJASRACが著作権を管理する曲を自由に使える「包括徴収契約」を結んでおり,別の著作権管理事業者が管理する曲を使うには,新たに使用料支払いが生じる形になっているという。このため,JASRAC以外の業者による著作権管理事業への新規参入が困難になっているとしている。

 JASRACはこの件に対し「公取委の立ち入り検査が入ったのは事実であり,検査に協力しているが,詳細は把握していない。結果が出れば,適正に対応していきたい」と日経エレクトロニクスの取材に対してコメントした。

 日経エレクトロニクスはこの問題について引き続き取材し,新たな事実が判明すれば随時報道していく予定。

おすすめ